※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

攻略情報やコンボパーツ、未検証のネタなどの覚書としてお使い下さい
書式とかは気にせず好きに使ってくれていいのよ

+連続技からのコピペ

表記について


テンキー表記

格闘ゲームでの一般的な表記です。
レバーの入力方向をテンキーで表記したものです。

789 → \↑/
456 → ←N→
123 → /↓\

例えば以下の波動拳コマンド
『↓\→+攻撃』は
『236+攻撃』と表記されます

レバーを入力しないデフォルトの状態は数字で5またはN(ニュートラル)と
表記されます。

略語

jc ……ジャンプキャンセル
hc ……ホーミングキャンセル
efc ……エクステンドフォースキャンセル
DD ……加速ホーミング(ホーミングボタンずらし押し)



連続技(コンボ)を覚える前に


アルカナハートのコンボは、基本的にかなりの自由度を持ちます。
そのため、下記に記載するコンボはほんの一部でしかなく、「あ、これつながるかも?」と思ったら大体繋がります。
あくまでも「基本コンボ」であり「ここに記載されているコンボ以外のレシピが無い」わけではないことを十分に理解してください。
「自分の入力しやすさ」や「コンボ後の状況」、「距離や高さを配慮したコンボ選択」など、視野を広げる参考になればと思います。


アルカナコンボ

基本ルート

(立屈関係無しに)A>B>C>E
2A>2A
2A>5A
5B>6B
2B>6B
6B>5E
6B>2E
5C>2C
5C>4C
2C>4C

EF時限定ルート

5A>2A
5B>2B
6B>5C
6B>2C
6B>4C



基本連続技



1 0AG EFなし


2A>2B>2C>4C>214B
 2Bを5Bに、2Cを5Cに変更するとダメージが増える。
 4Cの後に一旦レバーをニュートラルに戻さないと、グロリアがキリエに化けやすいので注意。
 ゲージがある場合には、Bグロリア後にランケオラ>ランケオラ派生>追撃でさらにダメージを増やせる。

(画面端)2A>2B>4C>ステップ8jc>JB>J4B>jc>JA>JB>J4B>JE>214A(orBorC)
 画面端でコンボを始動した場合、4Cからhcやefcをせずにコンボすることができる。
 特にゲージが無い序盤において、ゲージを節約するために活躍する。


2 1AG EFなし


2A>2B>2C>421A>214AB
 キリエで浮かせた相手にセキュリスを当てるシンプルな基本コンボ。
 セキュリス自体のダメージが高いため、コンボは短くても十分にダメージが出せ、さらに有利時間を持ちながら起き攻めが可能。

2A>2B>2C>421A>6Dhc>5A>8jc>JA>JB>J4B>8jc>JA>JB>J4B>JE>214A(orBorC)
 2C>キリエで相手を浮かし、6Dhcから追撃するエルザの基本コンボ。
 2Cをコンボに入れるためダメージは低い。(6118)
 ホーミングキャンセル後の5Aを5B>6Bに変更するとダメージを増やせるが、相手との距離と高さが変化するためエリアル部分に微ディレイを入れる必要がある。

2A>2B>2C>4C>5Dhc>JB>J4B>8jc>JA>JB>J4B>JE>214A(orBorC)
 4Cで相手を浮かし、5Dhcから追撃するエルザの基本コンボ。
 6Dhcを使わないため、土や時を使っているときもレシピの変更を意識する必要が無い。
 上記のコンボに比べると横方向の移動距離が長い。2Cは省いてもよい。(ダメージ未比較)

2A>2B>2C>2E>5Dhc>JA>JB>J4B>8jc>JA>JB>J4B>JE>214A(orBorC)
 2C>2Eで相手を浮かし、5Dhcから追撃するエルザの基本コンボ。
 こちらも6Dhcを使わないため、土や時を使っているときもレシピの変更を意識する必要が無い。
 きらやドロシーには2Eが届かないことが多いため、使い分けが必要。

623A(orB)>8Dhc>JA>JB>J4B>8jc>JA>JB>J4B>JE>214AorBorC
 クレドがヒットした場合に、エリアル~コムニオに繋げる。
 クレドが当たる高さや距離によっては8Dhc>JAが繋がらないので、その場合はグラディウス(追加入力)を。

623C>5Dhcor8Dhc>JB>J4B>jcJA>JB>J4B>JE>214AorBorC
 LMの地上Cクレドは最終段の受身不能時間が長く、ある程度地上コンボした後でもNHCや8HCからの追撃が可能。

(空中ヒット)214A(orBorC)>623A>8Dhc>JA>JB>jcJA>JB>J4B>JE>214A(orBorC)
 キリエは空中生ヒットから最速Aクレドで追撃が可能。
 相手の表裏によってしばしばクレドがキリエに化けてしまっても、ヒットしていればあわてずに追撃できる。
 また、キリエには始動補正もないため、どのアルカナを使用していても8000ダメージは確約できるため、
 ダメージソースとしても優秀。

(画面中央)N投げ>236AB(>236AB)
 エルザのN投げは壁に吹っ飛ばすため、ホーミングでの追撃ができないが、画面端から遠い場合にはランケオラをつなぐことができる。
 ランケオラは終わりの部分しか繋がらないためそれだけではダメージは低いが、efcやランケオラ派生ができるならばそこからダメージを増やした上で起き攻めまで移行することもできる。
 ただし、えことなずなはふっとばし中の喰らい判定が特殊なため繋がらない。つなぐ場合は6Dhc又はefcを行った後ランケオラを出す必要がある。


3 0AG EFあり


2A>2B>2C>421A>efc>5A>8jc>JA>JE>JA>JE>JA>(着地)>5A>8jc>JA>JB>J4B>8jc>JA>JB>J4B>JE>214A(orBorC)
 2C>キリエで相手を浮かし、efcから追撃するエルザの基本EFコンボ。
 2Cをコンボに入れるためダメージは低い。

2A>2B>4C>421A>efc>ステップ8jc>JE>JA>JE>JA>(着地)>5A>8jc>JA>JB>J4B>8jc>JA>JB>J4B>JE>214A(orBorC)
 4C>キリエで相手を浮かし、efcから追撃するエルザの基本EFコンボ。
 2Cをコンボに入れないため、上記コンボに比べるとダメージが増える。
 しかし、efc後にステップ慣性ジャンプをする必要が在るため、入力の難易度があがる。

2A>2B>4C>efc>5DD>JB>ディレイJE>ディレイJA>(着地)>5A>JA>JB>JE>JA>JB>jc>JA>JB>J4B>JE>214A(orBorC)
 4Cで相手を浮かし、efcから追撃するエルザの基本EFコンボ。
 上記のコンボに比べると横方向の移動距離が長い。
 ディレイを絡めたコンボで、感覚を覚える必要があるため入力の難易度は少しあがる。

2A>2B>2C>2E>efc>5D>JE>JA>JE>JA>JE>JB>8jc>JB>J4B>JE>JC>214A(orBorC)
 2C>2Eで相手を浮かし、efcから追撃するエルザの基本EFコンボ。
 エリアル部分のダメージが高く、横方向の移動距離も長い。
 2Bを5Bに、2Cを5Cに変更するとダメージが1000以上あがるが、距離が少し離れると2Eが届かないため注意が必要。

623A(1)>efc>5A>8jc>JA>JE>JA>JE>JA>(着地)>5A>8jc>JA>JB>JE>JA>JB>jc>JA>JB>J4B>JE>214A(orBorC)
 Aクレドは初段ヒット時点では地上判定のためefcが可能。主にGC6Dから最速Aクレドを出した場合の基本EFコンボ。
 また、6BヒットからAクレドを出すことで、下段透かし始動のコンボになる。

2A>2B>4C>efc>214C>5B>6B>jc>JA>JB>JE>JA>JB>jc>JA>JB>J4B>JE>214A(orBorC)
 Cグロリアのバウンドを組み込んだ基本EFコンボ。
 ダメージ自体は高くないが、Cグロリアを組み込んだことにより横方向の移動距離が伸びる。


応用連続技














アルカナ別




のアルカナ



のアルカナ



のアルカナ



のアルカナ



のアルカナ



のアルカナ



のアルカナ



のアルカナ



のアルカナ



のアルカナ



のアルカナ



のアルカナ



のアルカナ



のアルカナ



のアルカナ



のアルカナ



のアルカナ



のアルカナ



のアルカナ



のアルカナ



顎獣のガイスト



のアルカナ



剱神のガイスト



のアルカナ


コンボ動画









.
|