※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルカナハート3及び格闘ゲーム初心者向けのキャラクター解説です
まずはこのページに記載されている四つの技を主に使って動かしてみましょう
難しい連続技などは後回しでも全く問題ありません。初めはゲームに慣れること、楽しむことが大事です
各キャラクターごとに特徴をつかみやすい技をピックアップしていきますので、後々対戦する上でも役に立つことでしょう

もちろんここに挙げたものに限らず、色々な技を使ったり、コンボに挑戦してみたりするのもいいでしょう
このページはあくまで本作に初めて触れるプレイヤーのガイドとして作成されたものです
遊び方を規定するものではありませんので、ゲームに慣れてきたらこれに囚われず色々な可能性を模索してもらえればと思います
「とりあえずやってみる」を主眼にしているのでやや実戦的でない部分もありますが、より突っ込んだ内容は他の攻略ページを参考にして下さい


1.ニュートラルホーミングによる強襲
なにはなくともまずホーミング動作に慣れましょう。初心者指南で説明したとおり、空中からのホーミングを使っていきます
ここではニュートラルホーミング(レバーを倒さずにDボタン。以下NH)を主に使います
レバーを上方向に入れてジャンプ後、Dボタンを押します
この時、Dボタンを二回・三回と連続して押すと移動速度を速めることができます(以下加速ホーミング)
そして相手キャラとの距離が縮まったらおもむろに攻撃ボタン(ABCEのいずれか)を押しましょう
NH中に出る技は各キャラのジャンプ攻撃と同一のものです

きらのホーミング速度は遅い部類に入りますが、決して使えないレベルではありません。
空中でジャンケンを迫る択が豊富であり、
相手には常に理不尽な範囲の投げ+起き攻めの恐怖を与えることができます。
通称腹筋、ボディプレスのJEはめくり性能が非常に優秀であり、
ヒット後は2C>A江古田型クラスター>EFc~などといったコンボが可能です。
またJEは相殺不可というピーキーな特性を持っています。使い方次第で強力な攻めが可能です。
まずは色々な角度から地上の相手にホーミングJEを当てる練習をしてみましょう。



2.立ち回りの起点に使う技
お互い自由に動ける状態(「五分の状態」などと呼びます)の時に主に使用する技です
相手の出鼻をくじいたり、続く自キャラの行動を起こしやすくするための布石となります
なお、アルカナ技はこの項目にはあえて含めていません。あくまでキャラクター固有の技をピックアップしています

  • 2B
きらのコンボ始動技として多数のルートに繋がる基本技です。
ジャンプキャンセルは不可能であり、ハイジャンプキャンセルのみが可能なので注意しましょう。
2Bhjcととりあえず出しておき、HITしていたらコンボ、
ガードされていたらそのままジャンプから加速ホーミングJEめくり等も可能です。

  • 2C
きらの地上技であまり使い道の無い立ち小パンの5Aを除けば、通常技では最も出の早い9F。
広く前方をカバーする技です。
HIT時は距離にもよりますがA江古田型クラスター>EFc~などでコンボに繋げることも可能です。
また、遠距離からの殺し切り用コンボとして、2C>6D>2C>6D>2C>6D>2C(>EFC>2C>6C)なんてことも可能です。
通称美脚ループ。


3.空中引っかけコンボの始動に使う技
本作はシステム上空中戦の発生する頻度が非常に高くなっています
当然、空中で相手に技を当てた際にしっかり連続技へ移行することができれば与えるダメージも上昇します
上記1の項では自分から攻め入る際に使用する技を挙げましたが、今度は近い位置で空中の相手と交差するような時に使う技です
このように空中からの攻めに対してこちらも空中攻撃で応戦することを「空対空」などと呼びます

  • JA
空中での牽制技として非常に優秀な技です。
JA→ジャンプキャンセルと出し、HITしていたらJA>JB>JE>(着地)>2C~等、コンボに繋げていきましょう。

  • JC
相殺技として非常に優秀な技です。
下から相手をカチ上げるようにJCを出し、
相殺していたらおもむろにフラマゲを出すという流れが基本になるでしょう。
ただし、読まれると手痛い反撃が来るのでご注意を。
HITしていたら、位置次第ではホーミングキャンセルから
JA>jc>JA>JB>JE>(着地)>2C~や、JE>(着地)>5B~といったコンボが可能です。

  • JE
下の相手に加速ホーミングでの強襲をするならこの技です。
きらのハイジャンプ程度の高さの相手に当たった場合、
着地から各種江古田式でコンボに繋げることが可能です。


4.切り返しに使う技
自分が不利な状況、とくに近距離で追いつめられた際に攻守を逆転させることを目的として使う技です
無敵がついていたり、技の発生が特に速いものが多く使われます

  • 5C/2E/JC/Aバンカー
いずれも1F目から相殺判定がついており、固める相手や急襲する相手にジャンケンを迫ることが可能です。
あくまでジャンケンを迫るだけであり、万能な行動ではないことに注意しましょう。
読まれて避けられたり、相殺不能技を出される危険性もあることを覚えておく必要があります。
しかしきらのジャンケンは各種ドライバーや2B始動など、
一気に場面をひっくり返せるものが多く、狙う価値はあります。
相殺hjg(ハイジャンプガード)や相殺4Dなどを混ぜつつ、緩急をつけた行動で相手を惑わせましょう。
5C…相殺判定はきら前方から上部。地面スレスレは判定無し。一部キャラの2A擦りなどには無力。
2E…相殺判定は真裏以外。
JC…相殺判定はきら前方から下部。
Aバンカー…相殺判定は全身。

  • Bバンカー
完全に博打ではありますが、出掛かりに無敵がある為、
相手の理不尽な起き攻めに一方的に勝つことも可能です。
もちろん失敗時には目も当てられないことになります。
ハイリスクミドルリターン故、防御の選択肢としてはオススメしません。
相手の地上受け身読みや、地上バーストをガードした時などの確定状況で出していきましょう。

  • アルマゲ/ラスマゲ
ゲージのある投げキャラに地上起き攻めする相手に手痛いおしおきをしてあげましょう。
きら様の御御足鑑賞タイム。
失敗時は言わずもがなです。



.
|