※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルカナ選択

コンボの最後を2C〆とJCによる叩き付けを選択できるため、どのアルカナともそれなりに相性が良い。
オススメ度を記載しているが、よほど相性の悪いアルカナではない限り余り気にしないほうが良いと思う。
火力の底上げをできるアルカナ、またはジャンプ攻撃で下方向に強い技が無いため、それを補完出来るアルカナが選択される事が多い。
相手キャラによって選択アルカナを変更するのももちろんあり。

  オススメ度:★★★★  立ち回り強化

スタンダードで使いやすい愛のアルカナ。
使いやすい飛び道具がそろっており、ロズ スフェラ(愛玉)を保険にした攻めや、ロズ トクソ(愛ビーム)でのけん制など
遠距離でも相手を動かす事ができるのは大きな利点となる。
また、飛び道具反射技が2Eしかないみのりにとって、ロズ キクロス、フェンガリ(地上E攻撃に反射判定付与)も心強い。
しかし、通常技の特性上ロズ トクソhcからの拾いが難しいのが難点。

  オススメ度:★★★★  防御強化・起き攻め強化・火力強化

ファリィム(タメE相殺)、エンスィーム(ステップ相殺)による地上戦の強化
フェアルグロルグ(超雷)による起き攻め・火力強化が望めるアルカナ。
特にアサルトドラゴン>フェアルグロルグ(超雷)>追撃でEFを使わずに火力の底上げができるのが大きい。
また、地上戦で下段攻撃に対して、タメE相殺、クリィーオフなど明確な対抗策が出来るのも強み。

  オススメ度:★     ネタ特化

バックステップの性能が近接キャラにしては非常に悪いため、塵染の意と相性が悪い。
たとえ塵染の意で攻撃を取っても、反撃に有効な技が無く、リーチが短いため攻撃そのものが届かない可能性が高い。
EF中の動作が速いため、J2Bを多くコンボに組み込む事が可能で、アサルトドラゴン>ストライクドラゴンインパクトが繋がるため
火力自体はそこそこ高いが、魔や音など火力・ゲージ効率に優れるアルカナが他にもある。
せめてバックステップが強ければ・・・

  オススメ度:★★★★  牽制強化・起き攻め強化

中間距離での蔦が牽制として非常に優秀。
また、5C>蔦からノーゲージコンボが出来るためゲージ効率が良い。
数多くの空中ガード不能技を持つみのりとしては、種を蒔くだけで相手が地上に居づらい状況を作れるのも大きい。
空中斜め蔦、手前落ち横蔦などで相手の対空行動を釣ってリターンを得られるのも強力。
しかし、バースト後のEF回復が遅い、非ダメージでゲージがほぼ増えないなど防御面では不安も残る。
また火力は程々なため、状況に応じてダメージを取るか、起き攻めに行くかを都度選択しなくてはならない。
相性は良いが、体力、ゲージ、種の状況把握が大事なため、使いこなすのは難しいアルカナ。

  オススメ度:★★    攻め強化

6Dの性能変化、特殊なEF特性のため専用コンボが必要となる。
開地門(土パン)はリーチが長く相殺不可、威力がそこそこ高い、長い受け身不能時間、運び距離も良いなど強力な技ではある。
しかし、地上ノーゲージで開地門をコンボに組み込む事ができず、空中でもJEの吹き飛び方の関係で土パンが当たりにくい。
そもそもアサルトドラゴンがあるので受け身不能時間と運び距離は自己解決出来てしまう。
土パン自体は強いがそれを有効に使えるかと言うと微妙である。

  オススメ度:★     無敵技補完

EFコンが大幅に変わり、火力が大きく低下する。また状況を作ることも難しくなる。
火仙弋は牽制、コンボにと利用でき、無敵技の轟天焦もついてくる。
牽制用途には良いにしても、コンボ用途としては下方向に長いジャンプ攻撃がなく拾いが難しい上、アサルトドラゴンで引きずりおろしが可能なため使う場面が余り無い。
無敵技がほしい場合でも氷の方が相性が良いため、無理に火を選ぶ必要はないだろう。

  オススメ度:★★★★  立ち回り強化・防御強化

GC6D弱体化により拒否能力自体は落ちたものの
3段ジャンプによる高い機動性に優秀な飛び道具と設置技は健在。
GC6Dの性能変化も、みのり自体元々のGC6Dからの行動が強い訳ではないため気にならない。
非常に使い勝手の良いアルカナである。
難点はバースト時のEFゲージ回復が遅いくらいか。

  オススメ度:★★★   起き攻め強化

2C〆からの各種設置や高空JC〆からのマルテルンによる起き攻めが強力。
ズィヒェルやシェーレなどを保険にアサルトドラゴンをぶっ放すという事も出来なくはない。
起き攻めのパターンや設置からの受け身狩り等をしっかりと構築が出来るかが鍵。

  オススメ度:★★★★  火力強化・空中受け身強化

みのりはコンボの拘束時間が非常に長いため、それだけで相性が良いと言えるアルカナ。
コマ投げによるゲージ吸収や毒による火力の底上げが強力で、アンプワゾネによる起き攻めも可能。
だが、立ち回りへの恩恵は少ないため、ある程度みのり単体で相手に触りに行く必要がある。
それができるのであれば強力なアルカナ。

  オススメ度:★★★   防御強化・起き攻め強化

2C〆からの水玉設置やイクリプスでとりあえず有利状況を作れるのが魅力。
みのりのコンボは基本的に画面端まで運び2C〆が可能なため、それだけでも有効。
飛び道具反射に弱いため、使う相手を選ぶアルカナ。

  オススメ度:★★★   火力強化・防御強化

とりあえず強化し、ディカイオーシス(超剣)とイクリプスを絡めた高火力コンボが強力。
ゲージ管理が難しく、溜める機会があまりない。
高火力コンボが簡単なため、火力を出したいなら選んでみると良い。
また、EFへの依存度が高いため、早い段階でのバーストは厳禁。

  オススメ度:★★★   立ち回り強化

ボイス・ソングが非常に優秀なアルカナ。
イクリプスの使い勝手も良い。
立ち回りや牽制については優秀だが、防御力が非常に低い点に注意。

  オススメ度:★★★★  無敵技補完・立ち回り強化

一部EFコンボのレシピは変わるが、共通レシピでも対応可能なものもある。
コンボ難易度は高くなるが、EF中に溜め5Eやナァルを組み込むことでコンボ火力が多少上昇する。
リィザ(ダッシュ)との相性が良く、5Bという強力な空中ガード不能技を刺しやすくなる。
但し6Bが漏れないように注意。

  オススメ度:★★★★  立ち回り強化

ノーブルフォトン、ジャッジメントレイ、セレスティアルゲート、インペリアルディビジョンと強力な飛び道具が目白押し!
特に横方向に強いノーブルフォトン、アサルトドラゴンから繋がるセレスティアルゲートの存在が大きい。
コンボにハイジャンプを使用することがあまり無いため、ハイジャンプの性能変化も気にならない。
全体的に発生自体は遅めなため、技を振る位置に注意すること。
ただしEF中は強気で押しつけていこう。

  オススメ度:★★    火力強化

EF中の攻撃力が高いアルカナ。
防御力も大幅に低下するため注意が必要。
各種アルカナ技もそれなりの性能をしているが、やはり防御力が低すぎる。
火力に関しても魔、音、鋼の方が高いため、特別なネタが無い限りは他のアルカナの方が良いだろう。

  オススメ度:★★★★  立ち回り強化

ボーリ(罪玉)やスリオーズイ(超罪玉)で画面を制圧し攻め込むだけでも強力。
5C>アサーダからノーゲージでコンボが伸ばせるのも利点。
アサルトドラゴン>イクリプスが繋がるため、アルカナゲージが無い場合でもまとまったダメージを取れる。

  オススメ度:★★    立ち回り強化

スカンダロンの誘導が強力で、殆どの場合ガードを強要出来る。
オルガノン、シュンポシオンにランダム要素があるため、対策と立てられにくい。
GC4Dしストライクドラゴンインパクトなど不意を突くことも出来る。
強い要素は確かにあるのだが、GC4Dの性能変化や全体的に発生が遅いなど小回りが利かない部分も多い。

  オススメ度:★★★   起き攻め強化・立ち回り強化

起き攻め時にスペクルム(鏡)をとりあえず設置してから崩しに行くといった行動が強い。
またラルア(EF中半透明化)の効果により、EFをするだけで崩し能力が格段にアップする。
特にみのりが小さいためか行動がかなり分かりづらく、スカし下段や2C>Cアサルトなどの択が通りやすくなる。
相手の攻めに対し、スペクルム(鏡)が強いため、立ち回りで守る場合には使い勝手の良いアルカナとなっている。
あくまでも、相手の行動を抑止する事ができるのであって、相手を動かす事には向いていない点に注意したい。
鏡設置により行動を大きく阻害出来るキャラ(きら、えこ等)に対策として使う事が多い。

  オススメ度:★★★★★ 火力強化・立ち回り強化

常にEFコンを使用するみのりにとっては、EFコンからのヴィーヴォの存在だけで使う価値があると言えるだろう。
また、飛び道具反射技を殆ど持たないみのりとしてはタセットの存在はありがたい。
立ち回りでもエコーで画面制圧し空中ガード不能技を押しつけるなど行動の幅が広い。
アルカナゲージ・EFゲージへの依存度が高いため、ゲージ管理が重要となる。
なお、バーストをしてしまった場合はお察し。

  オススメ度:★★★★  防御特化

被カウンター無し、バースト後のEFゲージ回復が高速なため非常に防御力の高いアルカナである。
この効果を目的に使用されるケースは多く、みのりも例に漏れず一考の余地があるアルカナと言える。
しかしバースト後の行動が大きく弱体化するみのりにとっては手放しで進められるものでもない。
アルカナ特性を実感しやすく、強いアルカナではあるが、バースト後の戦い方を考えた上で採用しよう。

顎獣   オススメ度:★★★★  火力強化・立ち回り強化

ベルガーが強力で相手の対空行動を抑止できる、この技の存在だけでも使用する価値がある。
また、2E>ドゥーゼ>追撃などでEFを使わないルートでもある程度の火力が確保できる。
イクリプスの相性こそ悪いものの、それを差し引いても使い勝手が良いアルカナである。

  オススメ度:★★    起き攻め強化

2C〆からのイクリプス発動>ミトラが単純に強いが、2Cをダウン追い打ちにならないように当てるのが難しい。
2C(ダウン追い打ち)>低空ミトラなども出来るが、賽の目が不確定なため運に左右される。

剱神   オススメ度:★★★   火力強化・立ち回り強化

生EFを使用した試合展開が強力。
ただし運用が他のアルカナと大きく異なり、常にEFをして戦うことになるため慣れが必要。
特にEF時のひっかけからアドリブでコンボを繋くケースが多く、運用が難しいアルカナと言える。

  オススメ度:★★★   ゲージ確保特化

みのりはゲージ効率が悪いキャラのため、ゲージの確保が比較的簡単に行えるのは魅力。
しかし、EFゲージへの依存度が高いみのりにとっては、ブレイズ後のEF回復中の時間をどう立ち回るかが重要となる。
キマも立ち回り、起き攻めに使える技となっているが、あの見た目で反射可能なため、一部キャラには完全に役立たずとなる可能性が高い。
.
|