地上

剣を持ったまま、ちょこっと相手を小突く。
連打キャンセル可能、被CH無し、ガードさせて有利。しゃがんでる相手にも当たるのが◎。
フィオナ自身の背の高さの関係とフィオナの技では発生が速い事から暴れるならしゃがみよりこちら。
ここからしゃがみのAにコンボしてヒット確認から対応出来るようになるとよい。
フィオナの地上通常技で最速の技ではあるがほとんどのキャラよりは発生が遅くリーチが短いので暴れには向かない


+A
やけに大きなブーツで足を伸ばして相手を蹴る。ガードさせて有利な下段。
A技だが中攻撃なのでカウンターが発生する(お互いに)
発生は遅いので暴れには不向き(B以上を出すよりはいいが。)
ヒット時は立ちB、しゃがみB、立ちC、しゃがみC、しゃがみEとB系だけでなくC系にもつながる。


剣を真横に振り回し、相手を切りつける。
途中からドット絵が切り替わったあたりで上のほうに攻撃判定が出る。
割と高い位置に当たるものの、上のほうの発生は遅いため対空に使えるものではない。主にコンボ用。


+B
少々上に剣を向けて相手を突く。
少し離れると相手しゃがみに当たらない場合がある。
攻撃発生前にフィオナの顔辺りに早めの相殺判定があり、一部対空や相殺狙いでも振ることになる技。


+B
前方へ小ジャンプし手で相手を上からたたくようにして殴る中段技。
空中判定になるので、判定の低い下段技をよけたり投げ読みに使えない事もないが無理は禁物。
ただし、キャンセルタイミングは攻撃が出たあとの地上判定部分なので判定の大きな足払いなどは回避出来ない。
空中ヒットで叩きつけ。
地上ヒット時は前ホーミングでキャンセルするか、グランディバイドやAロンゴミニアトなどにつなげられる。


剣を大きく振りかぶって、相手に叩きつけるようにして切る。
大きな攻撃判定と発生前相殺により一部対空や相手の飛び道具を相殺して消したりにも使う。
空振りは厳禁で、相手にガードされた場合は必殺技でフォローが必要。
キャンセル可能タイミングが遅く、通常時ではAロンゴミニアトかゲイボルグしか繋がらない。
エクステンドフォース中は最速でキャンセルできる為グランディバイドなどにも繋げられる。

溜めると少し前進し中段となり相殺も不可になる。
溜め版はヒット後すぐに必殺技キャンセル可能で、叩きつけた後相手がバウンドするので各種必殺技や前ホーミングなどで追撃する。


+C
地面すれすれを回すようにして相手の足もとを切る。動作終了まで被カウンター判定のため空振り厳禁。
攻撃発生前下半身に相殺判定があるが、攻撃判定までの間が遅い為出し切りで勝てるものではないので注意。
ヒット時は足払いで長い有利が取れる為コンボの〆の候補の一つ。
コンボに行く時はここから前ホーミングやエクステンドフォースキャンセル、技ならAロンゴミニアトや各種コルブランドに繋いでコンボをする。

体ごと前方にタックルをするように移動し、相手を攻撃する。
発生がかなり早く持続もあるため、相手を低空に引きずり落とした時などの空中ガード不可を狙いに行く時もある。

溜めるとガードクラッシュ効果(システム共通)
発生が全キャラの中でも早いほうなので、近づいた時の崩し手段の一つ
しかしキャラが近距離戦は得意ではないので無理は禁物。

+E
剣を前方に出して、頭の高さまで振り上げる。
攻撃範囲が広く空中ガード不能だが隙はかなり多め。Eボタンは動作中被カウンター判定の為要注意。
こちらは主にハイジャンプガード狩りや、生後ろホーミングの無敵狩りに。意識させるだけでも違う。

溜めると斜め上に吹っ飛ばすガードクラッシュ、当てた場合はきりもみ回転で相手を吹っ飛ばす。
発生がかなり遅いためコンボなどには使わず、微溜めでタイミングをずらしたり一部アルカナの属性効果など目的で溜めることがある程度。

空中

立Aの様なモーションで突く。被カウンター判定無し。
発生も早く持続も長めで、見た目以上に範囲があるため空中戦の主力の一つ。
昇りジャンプA対空なども強いので、相手が飛べる時間をくれるなら狙ってみよう。
ジャンプキャンセルも可能なので、ある程度近い距離なら主にこの技を振ることになる。
空中コンボでも高さ調整や復帰補正の調整で使われることが多いので覚えておくこと。

真横に切りつけるモーションで攻撃する技
判定は薄い(ほぼ真横のみ)で、持続の最初だけ剣の根元部分にも攻撃判定がある
ジャンプキャンセル可能で、コンボやガードの継続などお世話になる部分は多い


体をひねって、前方広範囲を切る。空Eより威力が高い。
判定は後方下部から前方上部まで広がっており、発生は遅いが強判定により立ち回りで振っていく主力技の一つ。
めくり性能もかなり高く、この技の表裏択をしのぐのは難しい。状況をつくって狙いに行きたい
ヒット時は相手が空中に浮くため追撃の確認もしやすい便利技



上から振りかぶって切り下ろし、相手をたたきつける。
横と剣先に関しては剣圧のエフェクト通り攻撃判定がある
上はフィオナの目線より少し上程度までなので、主に上や横から振っていく。
触る以外にもその広い範囲で相手の飛び道具を消したりととても便利な技。


フレーム表

発生:動作開始から攻撃判定発生まで
持続:攻撃判定が発生している時間
硬直:攻撃判定が無くなり行動可能になるまで
硬直差:その技をガードさせた後の状況で「+」は有利「-」は不利を表す。
    なお、技動作やガード終了後は2フレーム間、ガードしかできない時間があるため、
    反撃は硬直差より2フレーム以上発生が早い技のみ確定する。
    投げ技の場合は硬直差と同じ発生の技まで確定する。
※全体動作は発生+持続+硬直-1フレーム
※持続のカッコ内()の数字は多段技の攻撃判定が無い時間を表す
※↓の青色はガード後有利になる技

技名 発生 持続 硬直 硬直差 備考
立ちA 5 4 5 +3
立ちB 10 3 21 -8
立ちC 15 1 38 -16
立ちC(最大溜め) 25 3 43 -23
6B 20 3 13 0
しゃがみA 7 5 8 +3
しゃがみB 8 3 18 -5
しゃがみC 13 5 23 -7
ジャンプA 4 5 14
ジャンプB 8 3 22
ジャンプC 15 3 25
ジャンプE 14 3 32
立ちE 9 11 17 -5
立ちE(最大溜め) 27 5 25
しゃがみE 15 5 39 -21
しゃがみE(最大溜め) 44 5 32
レバー入れ投げ 3 1 23
N投げ 5 1 23
空中投げ 3 1 23
技名 発生 持続 硬直 硬直差 備考
カレトヴルッフA 21 1 61 -37
カレトヴルッフB 28 1 62 -38
カレトヴルッフC 32 1 63 -39
空中カレトヴルッフA 21 調査中 61
空中カレトヴルッフB 25 調査中 62
空中カレトヴルッフC 30 調査中 63
コルブランドA 16 7 29+着地50 -61
コルブランドB 20 7 31+着地53 -66
コルブランドC 23 7 30+着地57 -69
ロンゴミニアトA 12 7 35 +2
ロンゴミニアトB 19 16 35 +5
ロンゴミニアトC 29 22 35 +5
ヘヴンズフォール 20 落下中~着地後1 29 -4
グランディバイド 15 3 32 -12
ミスティチェイン 20 5 29 -11
エンジェルウィング 全体94
セイクリッドブリンガー 9 [1][3] 備考参照
エクスカリバー 32(暗転)2 2 79
エクスカリバー(空中) 34(暗転)2 落下中~着地後1 79
ゲイボルグ (暗転)10 3×6・2×8・1 28 -49
セイクリッドパニッシュ (暗転)9 1・3 備考参照 -48
ウィネブグルスヴッヘル 3(暗転)3 2 30 -4
エンジェルアロー 全体39[全体181]
セイクリッドスレイヤー (暗転)0 1 備考参照
ウィネブグルスヴッヘル(EF) 3(暗転)0 2 30
エンジェルアロー(EF) 全体39[全体181]
セイクリッドスレイヤー(EF) (暗転)0 1 備考参照




.

|