※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

桃源郷で永きを生きた狼が高次の存在となった。  
火を自在に操り、敵を咎ごと焼き尽くす能力をもつ。
絶えず変化を求めるランゴンは、美凰という今までにない存在に大きな変化の可能性を見出す。

美凰の契約アルカナ。
使いやすい必殺技を多く持つ。
EF中の特殊効果が少々厄介で使いにくいが、バースト回復時間は標準クラスなので
フォースゲージはバーストに回すと考えれば初心者向けと言えるアルカナ。


分類 名称 効果
属性効果 操火将(そうかしょう) 最大タメ版がガード不能になる
EF発動中の効果 操火統帥(そうかとうすい) 通常技ヒット時、追加攻撃が発生

分類 名称 コマンド シンプル
必殺技 火仙弋(かせんよく) ☆ +E
火攻焔(かこうえん) ☆ +E
超必殺技 轟天焦(ごうてんしょう) ☆ +E
火孔覇(かこうは) +E
アルカナブレイズ 插翅大聖(そうしたいせい) +A+B+C


☆属性効果
  • 操火将
最大タメE攻撃がガード不可になる。
当たれば美味しいがリスクも高い。慣れている人にはまず当たらない。


☆エクステンドフォース効果
  • 操火統帥
通常攻撃ヒットorガード時に追加の爆発が発生。
爆発は事前にヒットした通常攻撃に関わらず、独自の性能を持っている。
とにかくこの爆発が邪魔。邪魔すぎる。
爆発自体は大してダメージが高くない上に受身不能時間も短いので、空中コンボを控えめにせざるを得ない。
また、爆発そのものに(地上ヒットでも)浮かせ属性があるため、地上でヒット数を稼ぐこともできない。
以上の理由から、火力の高いアルカナなのに、EFコンボのダメージは低いという困った事態が起こりがち。


☆必殺技解説
  • 火仙弋
火の玉を発射。空中可。読みは「かせんよく」。
地上では斜め上に、空中では斜め下に火の玉を打つ。地上のほうが若干発生が早い。(地上13フレ、空中19フレ)
反射のできない飛び道具だが、相殺はできる。
また受身不能時間が長く、色々と面白いコンボが作れる。


  • 火攻焔
炎の渦を発射。空中可。
地上の相手に当たると浮かせることができる。
隙が少なく、地上で近距離ヒットなら通常技で拾ってエリアルに移行が可能。
3段階までタメ可能。威力、ヒット数、射程が強化される。
なお、溜めるとHCが不可能になることに注意。

☆超必殺技
  • 轟天焦
発生8フレの無敵技。全方位攻撃。相殺不可。空中可。
当たるタイミングによりダメージが異なり、発生直後が一番ダメージが高い(5000)。


  • 火孔覇
強化版火攻焔。空中可。
発生そこそこ(13フレ)、威力が高く隙も無いという便利技。
連続技にもいいし、削り量が大きいのでこれ目的で使ってもいい。


☆アルカナブレイズ
  • 插翅大聖
自キャラの背後の画面端からランゴンが走ってきて突進、そのまま画面を横断して消えていく。
画面端に到達するまでヒットし続けるため、当たる位置によってダメージはかなり変動する。
発生保障はあるが、狙って使えるような性能ではない。
|