純粋な負の感情の集合体が、高次の存在となった謎のモノ。 
リーゼロッテの血を一滴受け取るたびに、影の中から現れ、敵の心に負の感情を植え付ける。

全必殺技が設置技という尖った性能のアルカナ。
セットプレイを煮詰めないとほっとんど役に立たない。
反面、セットプレイが極まった闇アルカナ使いは手に負えない。
系統としては時アルカナと同類だが、基本挙動やパラメータ補正は標準レベルなので時アルカナよりもとっつきやすい。
ゲージの自動回復速度が若干遅めであることにだけは注意しよう。

分類 名称 効果
属性効果 エツェン 最大タメ版ヒット時、相手が一定時間無防備な状態になる
EF発動中の効果  フルーフ  アルカナ必殺技の性能が向上

分類 名称 コマンド シンプル
必殺技 ズィヒェル ☆ +E
シェーレ ☆ +E
ファレン ☆ +E
超必殺技 マルテルン ☆ +E
アルカナブレイズ シュヴーァ +A+B+C


☆属性効果
  • エツェン
最大タメE攻撃がヒットすると、相手が60フレームの間スライムに変わる。
スライム中の相手はガードも攻撃もできない。
ただしコンボ制限が補正以外の部分でダウン追い打ちと同じ扱い(打ち上げ不可、ロック不可、投げ不可)。
終了時に強制的に空中復帰状態になるため、ここに空中ガード不能技を重ねたり、
スライム中に各種設置技を置いておいて復帰時に崩しを狙ったりといった攻めをしかけるのが主な狙い。


☆エクステンドフォース効果
  • フルーフ
具体的には、ズィヒェル、フェーレ、ファレンの発生速度およびダメージ(ファレンは拘束時間)が上がる。
ただし発生速度は1~2フレといった変化。ダメージ増加量も弱攻撃1発分程度。
これ狙いでEFを使うにはあまりにショボイ。
とはいえ、アルカナ技は3種類とも後半モーションをEFcできるので利用頻度は高い。
通常状態でアルカナ技(溜め)>EFc>アルカナ技解放とやった場合でもEF版のアルカナ技が出る。

☆必殺技解説
<共通>
ギーァのアルカナ技、アルカナ超必殺技は全て設置型の技であり、ボタン押しっぱなしで設置を維持し、ボタンを離すことで任意タイミングで発動できる。
設置維持中はレバー左右でギーァを移動させることができる。
設置維持中に相手に攻撃をヒットorガードさせられてしまうと設置は解除される。
ギーァは攻撃後に自動的に自分の位置にワープして帰ってくる。
アルカナ技を出した後、自キャラが行動可能な状態であれば、ギーァが攻撃中であっても次のアルカナ技を先行入力することができる。(同技でも可)
この場合、ギーァは攻撃が終わった後に即先行入力されたアルカナ技で攻撃する・
先行入力されたアルカナ技はホールドができない。

  • ズィヒェル
影の中から飛び出したギーァがイルカダイブで攻撃。空中可。
設置までが発生44フレ、設置後の攻撃発生は11フレ。ダメージ1500。
EF中は設置に41フレ、攻撃発生10フレ。ダメージ2200。
カバーできる範囲が広く使いやすい。
その分、始動補正は70%と若干重め。

  • シェーレ
影の中から飛び出したギーァが上方へ噛み付き攻撃。空中可。
ヒットすると相手を一瞬拘束する。
設置までが発生29フレ、設置後の攻撃発生は5フレ。ダメージ500+2000の2ヒット技。
EF中は設置に28フレ、攻撃発生5フレ。ダメージ500×4+2000の5ヒット技。
地味にアルカナ技3種の中でもっとも発生が早いが、カバーできる範囲が狭いので若干使いづらい。
攻撃位置が高いため、自分の前で設置しておき突っ込んできた相手へ早め解放することで対空っぽく使うこともできる。
始動補正が無くコンボ補正も95%と非常に軽いので、これ始動コンボは結構減る。

  • ファレン
水溜り状態のギーァが相手の足にまとわり付いて拘束する。空中可。
ヒットすると相手を長時間拘束する。ダメージは無い。
設置までが発生31フレ、設置後の攻撃発生は7フレ。拘束時間80フレ。
EF中は設置に30フレ、攻撃発生7フレ。拘束時間120フレ。
拘束中の相手は一切の移動が不可能になり必殺技も出せなくなるが、ガードはできるのでまったくの無防備というわけではない。
拘束中の相手は被ダメージ時にノックバックしなくなる。これを利用してえこのシンデレラエクスプレスを全段ヒットさせることが可能。
面白い技なのだが、空中の相手に当たらないという致命的な欠点があり、ほとんど使用されない。
見た目下段のようだが、普通に立ちガード可。せめて下段技であれば・・・・・・。

☆超必殺技
  • マルテルン
強化版ズィヒエル。空中可。
3回連続でズィヒエルを繰り出す。
設定までが発生22フレ、設置後の攻撃発生は8フレ。
ヒット中であっても自キャラがダメージを受けるとギーァの攻撃判定は消える。
拘束時間が長く、崩し、コンボに大活躍。
これを利用して最大タメEを入れるという用途にも使える。


☆アルカナブレイズ
  • シュヴーァ
投げ技。暗転0フレ、暗転後発生0フレ。地味にこのゲーム中最速発生の投げ技。
投げが成立すると相手をギーァの体内に取り込み、長時間(170フレ)スライムに変える。
アルカナブレイズとしては非常に地味。
EFやバーストが重要視されている本作において、それらを犠牲にしても使う価値があるかどうかは研究次第。
ダメージを稼ぐポイントとして、相手がスライム中は自キャラはEF状態になっている。
そのためEF時限定の繋ぎを使うことが可能。
またスライム中への攻撃は全てコンボとして扱われるので、最初の1発は始動補正の緩い技を使うようにしよう。

☆おまけ
  • スライム化した相手は攻撃もガードもできないが、なぜか鋼のエネルゲイアだけは使える。
  • スライムのグラフィックは各キャラ専用のもの。特徴をよくとらえてあり結構可愛いので一見の価値あり。

|