※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界でもっとも巨大な古代魚が高次の存在になった。  
水を自在に操る能力を持ち、退屈しのぎに世界征服を公言するきらに対して気まぐれで力を貸す。

削り無効や相手の攻撃を受け止める水玉など、防御的な側面が強いアルカナ。
水玉は使いようによっては非常に強く、相手の暴れ行動などを刈り取りやすい。
ただ、水玉で受け止められる攻撃、水玉をかいくぐる攻撃、水玉を無効化する攻撃などがあり、
相手の攻撃特性を熟知しないとなかなか効果的な運用は難しい。

分類 名称 効果
属性効果 カデュス ヒットorガード時に相手の硬直時間が延長。ガードクラッシュ効果がなくなる
その他属性効果  プグナクルム  ケズリダメージ無効化
EF発動中の効果 ニンバス 通常技ヒットorガード時に相手の硬直時間が延長

分類 名称 コマンド シンプル
必殺技 プルヴィア ☆ +E
スティリア ☆ +E
カタラクタ ☆ +E
超必殺技 ニトルム +E
プレプルヴィウム ☆ +E
アルカナブレイズ レグヌム +A+B+C



☆属性効果
  • カデュス
E攻撃ヒットorガード時に相手ののけぞり/ヒットストップ時間が延長される。
最大タメE攻撃にガードクラッシュ性能がなくなるが、相手を長時間ヒットストップ状態にできる。

  • プグナクルム
ガード時に自動付与。あらゆる削りダメージが無くなる。
このゲームは削りで倒されることは無いが、必殺技は多いので気づかずに大きな恩恵を受けていることが多い。
特に火、鋼、磁などで露骨に削り狙いに来るような相手に対して非常に有効。

☆エクステンドフォース効果
  • ニンバス
通常攻撃ヒット時に相手ののけぞり時間が延長される。
これを利用して結構色々なコンボの繋ぎができる。


☆必殺技解説
  • プルヴィア
水玉を設置。空中可。
持続時間は600フレーム。最大3個まで設置可能。
水玉に攻撃が当たるとはじけて消える。同時に相手の攻撃の判定も消失する。
当たると思っていた攻撃が当たらなくなるので、攻める側としては非常にいやらしい技。
一部、これを無効化してかっとんで来る攻撃もある(フィオナのエクスカリバー等)。

  • スティリア
プルヴィアを自分にまとう。空中可。
持続時間は270フレーム。
このゲームの仕様として、1回のジャンプ中に同じ必殺技を2回使うことはできないのだが、
プルヴィアとスティリアは別々の技にも関わらず、同一ジャンプ中に使うことはできない。
そのため、エリアルでJE〆の後にプルヴィアを設置したとしても、その後1回着地しないとスティリアは使えないので注意。

  • カタラクタ
設置してある全てのプルヴィアを破裂させて滝を落とす。空中可。
拘束時間が長く、当てられれば性能は良い。
E攻撃と同様のSlowDown効果があるので、地上ヒットならばかなり余裕で追撃ができる。
逆に空中ヒットだと地上叩きつけ効果があるので追撃は若干難しい。
スティリアとは違い、プルヴィアとカタラクタは完全に別技なので同一ジャンプ中に設置>滝が可能。
画面端でエリアル〆にJE > プルヴィア > カタラクタ のような連携が代表的。


☆超必殺技
  • ニトルム
コマンド投げ。
暗転3フレ、暗転後0フレ。ダメージ6400。ダメージ後、相手は壁吹っ飛び。
地上限定技だが、きらのBドライバーに匹敵するダメージを持ち発生も早い。崩し手段として優秀。
投げぬけ不可、バースト不可で高ダメージと、N投げでは物足りない部分を補ってくれるなかなかいい技。

  • プレプルヴィウム
プルヴィアを3個同時に設置。空中可。
発生28フレと、プルヴィアの2倍近い発生速度を持つため、主にこちらを使用することが多い。
後半のモーションをEFcすることも可能なので、E攻撃のSlowDown効果と組み合わせてE攻撃>超水玉>EFcとすることでスムーズな展開ができる。
なお、画面上にプルヴィアが出せるのは3個が最大。
すでにプルヴィアが置かれている場合、画面上の設置数が3個になるようにプルヴィアを設置する。
(要はプルヴィア1個設置済みなら、これ使っても2個しか設置されないということ)
また、プルヴィアが3個設置済みだった場合は何も起こらない。ゲージの無駄なので注意しよう。
キャラの背丈によってカバーできる範囲がかなり変わることにも注意。
背丈の小さいキャラならば自身の食らい判定をほぼ全てカバーできるような状態になるが、
神依やあかねのような背の高いキャラの場合は下段ががら空きになる。

☆アルカナブレイズ
  • レグヌム
ダメージではなく、攻撃補助、時間制限型のアルカナブレイズ。
発動に成功すると相手のあらゆる行動速度が1/4になる。
被ダメージで解除される。
|