※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆が付いている技は地上、空中どちらでも出すことができます。

必殺技

ブリューナク ☆ タメ+攻撃
追加入力 フラガラッハ 空中で+攻撃
向いている方向へ突進しつつ横に蹴りを放つ。一段技。
ボタンに応じて移動距離が増加する。
C版は壁ふっとばし。相殺不可。
地上C版は空中ガード不可。
ヒット・ガード時、フラガラッハでキャンセルすることができる。
使い方としては地上版は通常技で触った後の固め継続、暴れ狩りなど。
特にCブリューナクは跳び狩りや強い判定を利用して相手の技を潰すことが出来る。
空中版は発生の早いAブリューナクでホーミング出がかりを狩ったり、
発生前相殺のあるBブリューナクで相手のぶっ込みに合わせたりすると強い。

クラウ・ソラス タメ+攻撃
いわゆるサマーソルト。上空に向かって宙返りしつつ蹴りを放つ。
  • A版は出始め全身無敵、発生後下半身無敵有り。空ガ・相殺不可。地上判定なのでヒット・ガード時にefcが可能。
 今作は上部の判定が大きく縮小されたために、受け身狩りや対空に使う時は注意が必要。
 その代わり下方面に判定が広がったため、リーゼの人形や低姿勢モーションも狩ることが出来るようになった。
  • Bは上半身無敵有り。空ガ可・相殺不可。
  • Cは二段技で無敵有り。空ガ可
割り込みの要となる技なので、冴姫のしゃがみガードは、この技の布石ということを常に意識しておく必要がある。
ヒット確認、ガードされた時のフォローを怠らないように。
空振り後は反撃の的なので最低でもガードさせよう。
逆にガードさせればゲージを使ったフォローで強引にターンを奪うチャンスなので上手く使い分けていきたい。
C版を使う際は常に相殺を意識して[相殺ジャンプキャンセル→ガード]や[相殺キャンセル4D]など判断出来るようになると良い。


オルナ タメ+攻撃
斜め前方低空へ移動したのち、急降下しつつ攻撃。中段
ボタンに対応して移動距離が増える。
ヒット・ガード問わず空中行動が可能。
だがガードされた後はhcなどでフォローした方がよい。
このゲームは入力受付時間の都合上、このコマンドが連続技に組み込める。
jcになってしまいオルナタメが難しい人はBブリューナクの硬直中に作ったり、
地上H中に|入力をすれば通常技中にjcせずに済む。
立ちCが通常ジャンプでキャンセルできないのを利用してタメを作ることも出来る。


ゴームグラス タメ+攻撃
一段目の蹴りが入ると、自動的に数発連続で蹴りを食らわせた後、小ジャンプして相手を浮かす。
下段
A版には足元無敵があり、B版には相殺不可属性がある。ヒット後の浮きはA<B<Cの順に高くなる。
ボタンと復帰補正のかかりかた次第で追撃の仕方を変える必要があるが、
面倒な場合は最もダメージの高いC版からhc後エリアルルートに行くのが簡単。
詳細な追撃レシピはコンボページを参照のこと。
N投げから+Dで追いかけて、そのままこの技を出すことができる。
相手キャラによって追撃を若干変更しなければならない点に注意。


フラガラッハ 空中で+攻撃
衝撃波で前方を薙ぎ払う。ヒット時は相手を地上に叩き付ける。
ボタンの違いは、発生と前方への移動距離。
連続技のヒット数が増えると、Cボタンの場合は連続技としてつながらないことがある。
一応、低空で出せば中段でガード崩しとして使える。
ブリューナクから派生技として出す事が可能、位置によってC版がめくりになるので崩しのアクセントとして使おう。
但し強制ダウンなので受け身からの即反撃には注意。


ルァハ +攻撃
追加入力 +攻撃
柔道で言う前回り受け身をエレガントにとりつつ、前方へ移動する技。
2Aなどの小技で対応される場合は控えたほうがいいが、相手への奇襲に活躍する。
後半をHC&EFC可能、投げ無敵ありできら戦で特に活躍する。
低姿勢、速い速度、長い前進距離を利用して対空でだし、efcでフォローするなどといった使い方も出来るが、
被CH判定があるため、的にされると悲惨なことになる。

ルァハ入力後+攻撃ボタンを追加入力することで蹴り上げに派生する。
派生コマンド入力受付時間がSixStarSから伸びた。
前転中にレバーに入れておき、本体が逆向きになったあたりでに入れ
ボタンを連打するのが比較的出し易い入力方法か。
派生まで含めた一つのコマンドと認識して使い分けるのがいいだろう。
前転動作終了時の本体の向きに依存して攻撃が出るため、相手の手前で停止した場合密着でないと空振る。
C攻撃をキャンセルして出しても連続ガードにならないので崩しの選択肢として使える。
SixStarSからefcが効くようになったため、フォローしやすくなった。

ゲイアサイル (空中で)タメ+攻撃
45°程度の角度で急降下キックを繰り出す。
タメ時間は地上でレバーをに入れ、ジャンプ頂点でタメが完成する程度。
EF中はJC>ゲイアサイルが連続ヒットする。
地上ヒット時ののけぞりはそこそこ長く、地上の連続技に以降することができる。
空中ヒット時は斜め下に吹っ飛ばす為、高空での追撃は専用レシピ以外難しい。
一応低空ヒットならば地上技につなぐことも可能。
このゲームは4Dを擦る人が多いので、ガード硬直の長いジャンプ攻撃をガードさせた後に
4D狩りに使えたりもする。
立ち回りで高空にいるときに出すと、途中で失速して硬直が発生し非常に危険なので注意。

超必殺技

リア・ファイル ☆ + A+B
連続でサマーソルトを出す技。
地上版は、最後の動作で相手を上空に打ち上げるので、HCから連続技が狙える。
空中版は、最後の一段目で相手を地上にたたきつける。しゃがみガード不可
主に地上版は+ D割り込みの後に、空中版は空中技の締めに。
LMのバージョンアップで重い復帰補正が入っても最終段まで入るようになった。
暗転から無敵有り。相殺は普通に起こるので注意。

エル・イードヴァル ☆ + A+B
ブリューナクを多段技にしたような攻撃。5段技。
ヒット後は相手を横方向へ吹き飛ばす。
5段目のみホーミング・アルカナ技キャンセル可能
発生が早いので割り込みに使える。足元無敵あり。


クリティカルハート ガルフ・ダグザ + A+B
  追加入力 +A・+B・B・C・E・+E・D・B・C・+C・+C・E
初段ヒット後に、追加入力をすることで連続技を出していく乱舞技。暗転より若干の無敵時間あり(要検証)。
初段にロック判定があり、空中ヒットでも連続技に移行することが可能。
Cブリューナクヒット時や、N投げEFCから直接つなぐこともできる。


通常版は空中が1hitずつなので上記のコマンドの通りに入力して行けばいいが、EF版は空中での攻撃がそれぞれ二段(2C時は4HIT)になり、入力するタイミングが異なるので注意。

この技は、合っているボタンの他に不要なボタンを押していても乱舞が進むので、タイミングを取るのが苦手な人は
全部のボタンを押しまくるのも一つの手。

ちなみに、乱舞技といっても、出す攻撃のモーションは追加入力の通りのモーションを行う(各種地上攻撃、Eで打ち上げ、ホーミングで追っかけ)。
追加入力にあまり違和感を感じないで大丈夫だと思われる。入力は素早くやらなければならないが。


補足『イメージ的・ガルフ入力講座』
前提:EFゲージは使用中、又はチャージ中である事。
   (システム上、技の途中でEFCになってしまう)
1.暗転~突進の部分でレバーを下に入れたまま、手のひらでD以外の4ボタン全てを連打。
2.2E(蹴り上げ)のヒットを確認したらDボタン。
  この時点で、(イメージ的な意味でも)レバーを上に入れっぱなしにしておこう。
3.空中で相手に追いついたら、レバーはそのままで、BCEボタンを連打。
4.8Cの部分までヒットしたら、レバーを下に切り返し連打を続行。フィニッシュのEまで出れば完成である。
.
|