※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆が付いている技は地上、空中どちらでも出すことができます。

必殺技

突剣グライテン +攻撃
236+攻撃
突進部分と剣の切り付けに攻撃判定がある多段技。
突進の部分はA、Bが1hit、Cが3hit
A版は突進部分が当たらないと切り付けが出ない。移動技としてやや使える。
B版は3F目から突進部分に相殺判定が出ている。
A、Bともに突進部分の発生は6F SSSからダメージと補正が統一された。
C版は発生8Fで突進部分の多段の隙間は3Fと優秀。
C版は突進の3ヒットのみを当てることで地上コンボを伸ばしたり、突進力を生かした運びコンボ等で活用できる
突進部分をガードさせれば以後はいつでもhcやEFでキャンセル可能。
また2Cからでも連続技に使えるようになったのはうれしい変更点
単発2C>Cグライテンは入れ込みOKかつヒット確認余裕でGC4D狩りも可能なパーツとして活用できるかもしれない

穿剣フリーゲン ☆ +攻撃
623+攻撃
昇竜。初段発生まで無敵。ホーミングで追撃可。A~Cは発生と上昇距離が遅く、長くなっていく。空中可。
飛び道具部分のみがヒットした場合はHCをかけられない
後ろ、横ともに判定が分厚く、相当離れないとまずすかるということはない
初段が地上判定なので、EFCや6HCでフォローできる
LMから地上昇竜の初段が相殺可になり、アルカナ技を重ねられた場合に相殺を取ってHJG等で逃げるといった事が可能になった。

群剣グライフェン 接近して+攻撃
632146+攻撃
メイファンのN投げみたいな性能のコマ投げ。ステップからコンボに行ける。
補正が高いためあまりダメージは伸びないのでHCやEFを使わずに確定ダウンから起き攻めにいくのもいい。
SSSからほんのちょっとだけdmがアップした。

設剣ミーネ + 攻撃
214+攻撃
足元に剣を設置。再度入力で発生保障の剣が設置場所から11時~1時の方向へ飛んで行く。
A版が範囲が一番せまく、設置スピードが一番早い。
B版はやや範囲が広がり、設置スピードはやや早い。
C版は一番設置範囲が広く、設置スピードが一番遅い。

動剣ティーヒカイト 【ミーネ設置後】+ 攻撃
214+攻撃
発生保障の剣が設置場所から11時~1時の方向へ飛んで行く。
コマンド完成から3Fで発生保証が付き、剣が飛び出す前の地上でくるくるっと回る部分に攻撃判定がある
2Aキャンセルで繋がるくらい発生が早い
相手が設剣の上にいれば、これを利用して地上コンボを伸ばすことが可能。
剣発射後、もう1回同じコマンドを入れると剣がUターンして相手方向へ飛ぶ追剣ヤーゲンがLMから追加された。
SSSからABCと発射方向を選べるようになり、A版が後ろ、B版が真上、C版が前方と飛んでいくようになった。。

装剣ザイン +攻撃
22+攻撃
剣の具現化し装備する。手を使った攻撃の判定と持続が強化され、立ち回りが非常に強力になる。
バーストやブラスト、攻撃をくらったり、投げをくらう(投げ抜け含む)、ミルワールされると装備が解除される


超必殺技

突攻剣ツァールライヒ +A+B
236+AB
初段ロックの乱舞技。技後は相手を横方向へ吹き飛ばす。
暗転0F、暗転後発生3F。突進中は上半身無敵かつ飛び道具反射できる。
あまり使用されていない技だが十分すぎる高性能。
八重紅彼岸を見てから突っ込んだり、愛玉やシキリスを見てから突っ込んだりできる。

穿孔剣ツェントルム +A+B
623+AB
具現化した剣に乗って斜め上方向に突進。
暗転0F、暗転後発生2F。攻撃判定発生後まで全身無敵。相殺不能。初段空中ガード不能。初段ロック技。当たればホーミングで追撃可能。
間違いなくこのゲーム最8強の昇竜。
バーストを合わせられると確反であるために、相手のEF等を見ておく必要がある。
また風相手などに決めると、HCでフォローしないと2Dから確反もらう。

巨襲剣メテオーア 空中で+A+B
214+AB
斜め下方向に向かって剣に乗って突進。
暗転5F、暗転後発生0F。しゃがみガード可能。
エリアルの〆や火力の底上げに使える。
CHのみHCでコンボにいける。
LMからヒット時のみ、空中で最行動可能になった。
舞織の妹みてから出してダメージ勝ちとか、遠距離のアルカナ技等の抑制に。

クリティカルハート

軍剣展開ヒンメルファールト 【剣装着中に】+A+B
前方へ移動しきりつける動作の攻撃を繰り出し、その攻撃がヒットしたら上空へ打ち上げ、無数の剣で追撃する。
突剣グライデンが当たる状況ならヒットするが、発動条件に裝剣状態が必須であることやクリティカルハートであるが故に
3ゲージ必要なことを考えると使用頻度は全キャラ中でも最も少ない。
SSSからダメージが上がった。
|