※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルカナ選択


  オススメ度:★★★★★  立ち回り強化

えこに限らずこのゲームを始める人にオススメのアルカナ。
各種飛び道具が強く、ホーミングやアルカナ技に癖が少ない。
おうじさまーの〆にトリス スフェラを使うことで、空中の〆からも起き攻めに移行できる。
地上基礎コンにエルピス トクソ(イクリプス)を組み込むことで火力も上がる。
地上での反射判定技がおえかきするのしかないえこにとって、ロズ キクロスも強みとなる。

  オススメ度:★★★★★  立ち回り強化・切り返し強化

ステップや溜め5E・2Eに相殺判定が付与するため、切り返しがとても強くなる。
地上通常技の発生が遅く、体が大きめのえこには切り返しの選択肢が増え楽になる。
画面端ではおうじさまーの〆にフェアルグロルグを使うことで、空中の〆からも起き攻めに移行できる。

  オススメ度:★★     切り返し強化

塵染の意(バックステップ)の性能の変化により、防御面での切り返しが増える。
コンボの〆に無量光の意を使用することにより起き攻めに行ける展開が増える。
しかし無量光の意に1ゲージ、その後いっぱいかくの!など使用するとアルカナゲージが枯渇しやすいことに注意。
6Dの性能も変化するため癖の強いアルカナである。

  オススメ度:★★★★   牽制強化・起き攻め強化

蔦はそこそこリーチが長く、相殺不可のため牽制や固めとして優秀。
空中でおうじさまー〆後に花満開を設置することで強力な起き攻めに移行できる。
JEが多段のため、花満開と併せてほぼガード不能の起き攻めが可能。
被ダメージ時のゲージ増加量が非常に低いため、アルカナゲージの管理が重要になる。


  オススメ度:★★★    牽制強化・火力強化

空中攻撃(主にJE)のひっかけから火仙弋につなぎ、加速ホーミングJEでつなげることで空中攻撃からの火力が増す。
また操火統帥(EF発動中の効果)と多段技の相性が良く、EF中の空中コンボの火力が増す。
2Bに火孔覇を仕込むことで、先端hitや空中hitの際に安定して火力が取れ、ガード時でも削りダメージがとれる。
しかし、操火統帥により地上での基礎コンができなくなってしまう。

  オススメ度:★★★★★  立ち回り強化・切り返し強化

3段ジャンプ、空中2Dによる高速落下、6GCのアドバンシングガード(相手を押し返す)が非常に優秀。
JCとヴェルテクスをつなげることで高火力コンボも狙える。
地上EFコンの〆や空中EF中のおうじさまーの〆にトルレンス(イクリプス)を使うことで強力な起き攻めに移行できる。
6GCがとても使いやすいため、風を使い始めると他のアルカナが使いにくくなる事が多い。

  オススメ度:★      起き攻め強化

アルカナ技が設置技になっている。えこの場合はいっぱいかくの!などの起き攻めに使える技が固有技としてあるため、あまり選ぶ必要性は無いと思われる。
空中のコンボをおうじさまー〆後マルテルン設置から起き攻めに行くことが可能。


  オススメ度:★★★    防御強化

プルヴィア、プレプルヴィウムといった水玉の設置により防御面が強化される。
またコマンド投げであるニトルムが使えるようになるため、崩しの手段も増える。
スティリアにより水玉を纏いつつ攻めに移行できるが、えこは体が大きいために水玉に当たらずに攻撃を受けやすいので注意。




  オススメ度:★★★    牽制強化・立ち回り強化

アルカナの属性効果としてライトヴェロシティ(ハイジャンプの高度上昇)があり、相手の上をとりやすい。
しかしハイジャンプ移行速度が若干遅くなるため一長一短。
また5C(2)>hjc>~のコンボが難しくなる。
ノーブルフォトンやインペリアルディビジョンなどといった強力な牽制技があり、攻めに移行しやすい。


  オススメ度:★★★★★  立ち回り強化・起き攻め強化

ボーリやスリオーズを出すことにより画面制圧力が上がる。
おうじさまーの〆にスリオーズイを使うことで、空中の〆からも起き攻めに移行できる。
溜め5Eの性能が変わるため、画面端でのいっぱいかくの!からの起き攻め時に崩しの選択肢が増える。
ザサーダの設置により防御面での強化もできる。

  オススメ度:★      起き攻め強化

アルカナ技は起き攻めや牽制に使える飛び道具が多い。
しかし、属性効果のピュラクス(4Dの性能変化)を使いこなすのが非常に難しく、利点というよりは欠点として見られる場合が多い。
そのため、始めるにあたってはなかなかオススメできるアルカナではないかと思われる。

  オススメ度:★★★★   防御強化・起き攻め強化

スペクルムが強く起き攻めにも防御にも使える。ヒットストップが長いため追撃も簡単にできる。
地上コンボの〆にいっぱいかくの!の代わりにスペクルムを使うことで、ゲージを節約しつつ強力な起き攻めに移行できる。
EF発動中は自キャラが半透明になり見えにくくなるため、単純に崩しが強くなる。
ミステリア(イクリプス)も発生が速く相手をサーチするため、遠距離で飛び道具を多用してくる相手にも攻撃することができる。
しかし硬直が長いため近距離でガードされた際などは反撃が確定してしまうので注意。


  オススメ度:★★★★   防御強化

一重咲きや八重紅彼岸といった発生はそこまで速くないが、画面制圧力が強いアルカナ技がある。
属性効果である護りの花弁(被カウンターの削除)も非常に優秀で、えこの場合は攻めの起点がJEの場合が多いため攻めに行く際のリスクをかなり少なくできる。
またバーストの回復速度も全アルカナ中最速なため、防御面に特化したアルカナである。

顎獣  オススメ度:★★★★   牽制強化・火力強化

速炮ベルガーにより地上で待ちながら戦う相手に牽制がしやすい。
罪玉や鏡、雷の溜めEなどに非常に有効。hit時は空中にいる際は加速ホーミングJEで追撃が可能。
JB>JCからやちょーまわるの!最終段からの巨炮ディングフェルダーで火力も上がる。
ちょーまわるの!最終段からは神炮ヴァインガルトナー(ブレイズ)もつながる。


剱神  オススメ度:★★★★   立ち回り強化

剱強フェーダー(EF発動中の効果)により、火力やゲージ回収においての恩恵が大きい。
とにかく自分から生EFなどを使って立ち回ることがメインになるので、他のアルカナとは少し使い方が異なるかも。
EFをどんどん使用できるなら、2試合目中には3ゲージ溜めることも比較的簡単なのでじぇんとるめん!!も狙いやすい。
剱刺ザロモンも固めとして強い。2Bに対してGCしてきた相手を剱刺ザロモンで対処することもできる。
しかし、バースト後のフォースゲージの回復速度がかなり遅いためバーストのタイミングが非常に重要となる。







.
|