アルカナ選択

見方
オススメ度…どれだけ相性がいいか、どれだけ強化されるかだけの示準。★が多いほど相性が良い。
難易度…オススメ度に準じた性能を出すための難度。どれだけ手軽に勝てるかの示準。☆が多いほど難易度が高い。


  オススメ度:★★★ 難易度:☆

特にシャルと相性が良いわけではないが使いやすい飛び道具が揃っているので可もなく不可もなくという感じ。
ゲージ効率がよくEFC後のフォースゲージの回復が最速なので単純なステータス強化はピカイチ。
ロズスフェラを用いた固めやロズトクソでの遠距離牽制もいやらしい。
5Cヒットからイクリプスに繋げられるのもいい。
無難な選択肢ではあるが樹や風のような相性のいいアルカナには一歩劣るだろう。

  オススメ度:★★★ 難易度:☆☆☆

フェアルグロルグでの起き攻め強化と5E相殺によるリバサが目的となる。
2C(2)〆密着気味フェアルグロルグが強い。受身前に前ステめくりが間に合うので強い択が仕掛けられる。
他擊鎖から5C>イクリプスが間に合い、エムローンエナッドに繋げられて火力も中々。
5E相殺後も距離次第だが5A相殺やジャンプ逃げ、バクステ擊鎖、クリィーオフと択が多い。
ただし少なくとも読み合いには持ち込まれるので風のアドバのような安心感は少ない。

  オススメ度:★★ 難易度:☆☆☆☆☆

6D>5Bが強い。当然2Bでも強い。浮いた相手に潜り込んで直接めくる形となるので
崩しとしてはかなり優秀。
無量光からJE叩き落とし→2E溜め>前ステめくりなども光ってくる。
擊鎖から6Dでコンボにいけなくなるのは少し痛い。前HCを絡めたコンボはほとんど使えなくなるので
時専用に練習する必要がある。
シャルのバクステは優秀だが少しオーバーになるうえ、最速でだせるのが擊鎖なので惜しい。
大振りの技をバクステでとった場合に5Bで拾えるのは強いわけだが…
何回か対戦すると6Dにも慣れられやすく、初見殺しの域をでない。
もともとゲージ効率も悪くバースト後の回復も遅いので安定はしなさそうだ。

  オススメ度:★★★★★ 難易度:☆☆

5Cから横蔦が繋がるので、それだけでコンボが超簡単になるので初めてシャルを使うときもおすすめ。
エクステンドも駆使すれば2Cからでも横蔦が繋がり、牽制のダメージだけでは不安な人にもおすすめ。
相手ガード状態からのイクリプス確定コンボも実用性が高い。
種蒔きや花満開(超種)を使えば相手は地上から攻めにくくなるので、そこを5B、2B、J6B、擊鎖シュヴァンツ等で迎撃していく形になるでしょう。
守勢に入ったときの切り替えしは4Dや6D、擊鎖シュヴァンツに頼らざるを得ないので、殺られる前に殺る覚悟で立ち回ろう。

  オススメ度:★ 難易度:☆☆☆☆

はっきり言って相性が悪い。画面端での土パン5Cは評価できるが。
EF状態でのホーミングの遅さが致命的。ついでに攻めのときにゲージが溜まりにくいのもシャルとして相性が悪い。
5E溜めや2E溜めもガードポイントを活かした使い方としてはそこまでといった感じで…一応5Eは後半の5Fに出掛り相殺がある。5Eヒットから超土パン>EFC>イクリプスで上手く当たれば13000と大した火力がでる。
土は練度も必要になってくるので練習すれば特殊なシャルができるかもしれないが…罪と並んで現状相性は最悪レベル。

  オススメ度:★★★★ 難易度:☆☆☆

擊鎖>EFC>イクリプスが出し得。5C>イクリプスも同様。
また、EF中JEからコンボにいけるのは非常に強い。EF時間が短いのがネックだがしっかり狙えば相当崩しやすい。
火仙弋を使用した運びコンや火孔覇を使用した削りも強い。ブレイズ以外は強い技が揃っている。
ステータス補正も攻撃に特化しており良好。シャルに非常に噛み合ったアルカナと言える。
ただ、EF時の癖が強いのと他アルカナとはちょっと違った動きが求められてくるため、火シャルを上手く使いこなすには
時間がかかるだろう。

  オススメ度:★★★★★ 難易度:☆

風のアドバ(6GC)がシャルと非常に好相性
中距離でぺちぺち捕まえるシャルで近づかれたらアドバできるのは相当強い。
エリアルもjcが増えた分火力がでる。牽制技のシキリスに加え、ヴェルテクスも崩しが苦手なシャルにはありがたい技だ。
2C〆後、イクリプスで起き攻めできるのも心強い。
攻め、守りどちらも揃ったおすすめのアルカナだがバースト回復が激遅なのと
ステータス自体の補正は樹並みなので注意。

  オススメ度:★★★★ 難易度:☆☆☆☆

JE〆2C〆からのマルテルンがシャルでも強い。
発生が遅いのが気がかりだがズィヒェルやシェーレは5Cを絡ませれば固めに使用できる。
マルテルンとJCめくりが好相性。6GC対策もB、C爆鎖やJEで楽。慣れれば固め力も相まって崩しが非常にしやすい。
シェーレ置き>シュヴァンツなどとうざったいこともできる。
反面、ゲージ管理が難しく上級者向けと言える。選択肢としては大いにあり。

  オススメ度:★★ 難易度:☆☆

一回触れることが重要なシャルでは毒のダメージの恩恵がでかい。
他ミルワールで上手く状況をとったりJE毒設置で動きを阻害したりと技自体は結構噛み合う。
おもしろい技が多いが基本的にアルカナ技を出すタイミングが限られるのでシャルそのものの性能が問われやすい。
決して弱くはないがこれを選択するなら他を選択して立ち回りの性能をあげたり弱点をカバーした方がいいと思われる。

  オススメ度:★★ 難易度:☆☆☆

水玉の恩恵がでかい。シャルは相手をガードさせるだけなら全キャラ中トップクラスなので
5C>プレプルヴィウムが非常に決めやすい。
イクリプスも2C後に距離が近ければ入るので〆として有効。
ステップ>コマ投げも優秀。高威力で相手を離すこともできる。
慣れれば強いのだが水玉に要鎖の設置と忙しくなり、結構難しいアルカナ。
バースト回復も激遅で開幕触られた時の絶望感はやばい。

  オススメ度:★★★ 難易度:☆☆☆☆☆

盾に引きこもってゲージを溜めたり、レベルアップを図りながら生計を保つ。
2E>9方向クリオドゥースでノーゲージコンボが可能だったりもする。
打ち上げ2C〆コンを使えば2C(1)の後にイクリプスが全ヒットしてJB始動なら12000は固い高火力ノーゲージコンが存在する。
また他キャラよりレベルアップがしやすい。シャルで攻める戦略と鋼で攻める戦略どちらもでき器用に使えば強い。
金剣まで育てれば5CやJEの捕縛性能と噛み合ってJE>ディカイオーシスをやるだけでゴリゴリ削れる。
面白いシャルが出来上がると思うが攻め時にゲージを溜めるシャルとは少し相性が悪い。

  オススメ度:★★★ 難易度:☆☆

樹や罰以下の防御力補正のおかげで恐ろしいほど体力が少ない。
具体的にはゼニアの白パイルをはさんだコンボならカウンターから平気に7割飛ぶ。
だが、それと引き換えに攻めに関してはかなり強い。
擊鎖からとりあえずEFイクリプスをぶっぱするのが簡単で非常に強い。ポイント設置>EFCイクリプスも同様。
ジャベリンやボイスも使い勝手がよく、攻めに特化できると言えるだろう。
強いとは言ったが死にやすいのは変わりはないので初心者にはオススメし難い。
逆に2コンボで死ぬと割り切って攻めに集中するという考え方もあるが…その人のプレイスタイルにもよるだろう。

  オススメ度:★★★★ 難易度:☆☆

シャーと滑って2Bを振るアルカナ。それだけでも非常に嫌らしい。
シャーって滑って擊鎖を当てたり横投げをしたりとりあえずシャルで滑れるのは意外と強い。
無敵技の習得と優秀な飛び道具が揃い立ち回りの恩恵もある。
イクリプスもリーチがあり咄嗟の繋ぎとして優秀なのでありがたい。
目立つ弱点もなく、癖はあるが相性は良いと思われる。が、逆にいえばあまり尖れないのがネック。

  オススメ度:★★ 難易度:☆☆

近距離に関しては恩恵はないが代わりに中距離での牽制が鬼になる。
特にEF版はどうしようもない。5C>フォトンだけで相手はなにも出来なくなる。
ゲートやインペリアルディビジョンも使いやすく、シャルの得意分野を伸ばす感じとなる。
ハイジャンプが遅くなるのはいただけない。他キャラよりジャンプ移行が早いのにその取り柄を消してしまうのは
少しもったいない。
あと、バースト後の回復が最も遅いアルカナ。そういった意味で立ち回りは安定しないと思われる。

  オススメ度:★ 難易度:☆☆☆☆☆

EF時にダメージが116%アップするが被ダメージが150%アップする漢のアルカナ。
当然逆根性値のおかげでEF中にカウンターなんてしようものなら下手したら即死する。
地対空が強いシャルにシトゥイークは中々相性がいい。他ダガートカと5Cの組み合わせが画面端で強い。
当身も持てて決して悪い選択肢ではないとは思うがどうしてもEF中の被ダメージが洒落になってない。
少なくともシャルをこれから触るという方にはオススメはできない。
シャルに慣れ、シャルを使いこなせるようになったとしても勝ちが安定する選択ではないと思われる。

  オススメ度:★ 難易度:☆☆☆☆

罪のEF効果が根性値に比例して攻撃力アップというものだが、
シャルラッハロートは根性値がマイナスなので、瀕死状態でEFを使うと攻撃力が下がるという悲惨なことになる。
被ダメージのゲージ回収率が高い特性も、すぐ死ぬので殆ど活かせない。
ボーリは評価できる。対空としても固めとしても使えHPこそ削れるが嫌らしい置き方ができるだろう。
2C〆からザサーダ設置>JEめくりを延々と繰り返すクソプレイも存在する。スリオーズイやクローフィも性能自体は高い。
全アルカナの中で唯一「弱化」するアルカナ選択であり、とてもオススメはできない。土と並ぶかそれ以下でシャルと相性が悪く最低レベル。
火力こそ犠牲になるがEFコンを起き攻め専用として使えば使えないこともない。2Eの性質変化も余計なお世話。

  オススメ度:★★★★ 難易度:☆☆☆☆

EF5Aヒット時のコンボ火力が逸脱してる。
JBヒットなら15000をこのキャラでだせるのは非常に頼もしい。
アルカナ効果で降下が早くなってるおかげでJEをきちんとしゃがんでる相手に当てやすいのもうれしい。
火力も出てゴミも蒔けて強い!…のだが、4Dが引き寄せになったりイクリプス、磁玉がそこまで強くない。
特に切り返し貧乏なシャルで4Dの選択肢が消えるのはちょっと辛い。
バーストも吐いたら火力も落ちるのでもし使うなら攻め切る姿勢が必要になってくるだろう。

  オススメ度:★ 難易度:☆☆

スペクルムは評価できるがそれだけ。
少々汚い選択肢ではあるが17版カラーのEF状態がステージによってはかなり見えづらい。
ただ崩し貧乏なシャルが見えづらいからなんだって話しでもある。強いていえば鎖も見えづらい。
イクリプスは足止めにはそこそこ使えるが発生保証はないので注意。
あとはファスマとファンタジアなのだがキャラによって変わるのでイマイチピンとこない。
なににしろ他のアルカナを選択した方がいい場合が多いだろう。

  オススメ度:★★★★ 難易度:☆☆☆☆☆

EFがあれば状況と火力どちらも取れるアルカナ。
基本的にEFコンボにヴィーヴォを組み込むだけでコンボ火力が跳ね上がる。
イクリプスを組み込んだ2C〆ルートで構築することも可能であり非常に強力な連携が可能となる。難しいが。
他Bカンティレーナ設置からのガン待ちやぶっぱイクリプスでガード取りにいくなど立ち回り面でも貢献が大きい。
切り返しもアクセンタスの択が増える。いいことづくし。
…なのだがどうしてもバースト後が虚しくなる。他アルカナと比べEFCができないとイマイチ光らないアルカナ。

  オススメ度:★★★★ 難易度:☆☆

バースト回復速度が全アルカナ中最速かつ、カウンターしないという属性効果を持つアルカナ。
初心者シャルにはわりとオススメ。風や樹の連携に慣れたあと花でシャルの立ち回りを練習するのもよいだろう。
ただし、それといった強い連携がない。一応遠距離牽制の八重で相手を急かし、擊鎖等で突っ込みを狩るムーヴはそこそこ。
少し難しいが一重は使い方次第で非常に優秀なアルカナ技。あと、牽制技が豊富なシャルで固めポイントに花を植えておくのが中々強い。

顎獣  オススメ度:★★★★★ 難易度:☆☆☆

シャルのデフォルトアルカナ。少し癖があるが相性は良好。
J6B追加攻撃後の重炮ドゥーゼや中距離からの巨炮ディングフェルダーなど補正切り、火力アップの他、
速炮ベルガーが地上にいる相手を拘束することができ、ヒットからJBでコンボにもいける。
ステータス面も攻撃時のゲージ上昇が高いため攻めやすいシャルに合ってると言える。
なお、EF版巨炮ディングフェルダーで相手をガークラした場合、相手のレバー操作に関係なく復帰がとられる(強制復帰)
それを利用しE攻撃から連ガになるよう画面端で巨炮を撃った場合、次のシャルの2E(持続17F)がほぼ確定する。
などなど、いろんな面で噛み合ったり強力なネタを持っているので非常にオススメできるアルカナ。

  オススメ度:★ 難易度:☆☆

立ち回りや連続技に何も恩恵がないがゲージ効率は実はかなりいい。
2C〆からのイクリプスが中々状況がいい。ゾロ目ミトラはダメージが非常に高く前ステで気軽にめくれるので
択としては優秀。溜め2Eが無敵になるのも強い。後者は4Dでおしまいなのだが。
シャニは相手をジャンプさせるのに使えなくはない。
ゲージ効率はいいのだがバースト速度は激遅とそこらへんの補完は剱神でいいのでは…となる。
オススメはできないが一概には否定し難い部分もある。


剱神  オススメ度:★★★★★ 難易度:☆☆☆

5C>ザロモンが好相性。剣のゲージ効率と相まってEFしながらやるとどんどんゲージが溜まる。
EFでポイントを6つ以上溜めるとバースト回復が花を上回り、もつれればそこそこ安定するアルカナ。
逆に1R目で0ポイントだと相当厳しい。
ゲージ効率が非常に良く、HCを多用するシャルでも2R目中盤で3ゲージ溜まってる状況がしばしば。
地味に中距離で5CやJ6Cが当たった時とっさにEFしてイクリプスできるのが心強い。
また、EF版最大溜め2Eが後半戦見えない、早い、前進するとめちゃくちゃ強い上ヴォルケンにつなげられる。
EFの吐きどころが難しいのとバーストしづらいのがネックだが力強い立ち回りができるだろう。

  オススメ度:★★ 難易度:未評価

LMSSSからの新アルカナ。ブレイズの効果が1ゲージ増えるといった大胆なアルカナ。
キマやエマはそこそこ便利。エマ使用時は攻撃速度があがり、ラウフェンの軌道がEF版に似るのでめくる場合は注意。
キマトディスはほぼ削り専用だろう。アポクリエスは2C〆後か。
技とゲージ効率自体はそこそこ便利かつ強力なのだがEF時効果のパニギリの性能があまり噛み合ってない。
逆根性を補えいいやん!っと思われるが逆根性の下がり方は結構尋常じゃなく、それよりもEFコンのダメージが減るのが痛い。
高火力なイクリプスもコンボに組み込みづらく一歩届かない感じである。




.

|