tftpサーバ設定


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■rpmをインストール
rpmが入手できているのなら
rpm -ivh tftp-server-0.49-7.el6.x86_64.rpm
かネットが繋がっていれば
yum install tftp-server
xinetdが入っていないと以下のエラーが出るので、別途インストールする必要がある
警告: tftp-server-0.49-7.el6.x86_64.rpm: ヘッダ V3 RSA/SHA256 Signature, key ID fd431d51: NOKEY
エラー: 依存性の欠如:
        xinetd は tftp-server-0.49-7.el6.x86_64 に必要とされています
これもrpmを入手するかyumにてインストールする
rpm -ivh xinetd-2.3.14-38.el6.x86_64.rpm
yum xinetd

  • 設定を変更する
# vi /etc/xinetd.d/tftp

server_args             = -s /var/lib/tftpboot
disable                 = yes
server_args             = -v -c -s /var/lib/tftpboot
disable                 = no
に変更する
-c:ファイルの新規作成許可
-v:ログ詳細

  • サービス(xinet.d)を再起動する
# service xinetd status
xinetd (pid  19968) を実行中...
# service xinetd restart
xinetd を停止中:                                           [  OK  ]
xinetd を起動中:                                           [  OK  ]

  • 受信フォルダのアクセス権を変更しておく
# chown nobody:nobody /var/lib/tftpboot
nobodyユーザで実行されるので、nobodyの持ち物に変更する

■クライアントをインストール
rpmが入手できているのなら
rpm -ivh tftp-0.49-7.el6.x86_64.rpm
かネットが繋がっていれば
yum install tftp

  • 送信テスト
フルパス指定してみる
# tftp -v localhost -c put /tmp/a
Connected to localhost (127.0.0.1), port 69
tftp: a: No such file or directory
エラーになる
ファイル名のみ指定してみる
# tftp -v localhost -c put s
Connected to localhost (127.0.0.1), port 69
putting s to localhost:s [netascii]
送信したものを取得してみる
# tftp -v localhost -c get s
Connected to localhost (127.0.0.1), port 69
getting from localhost:s to s [netascii]

2014/11/6