仮想サーバ構築(CentOS)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

VirtualBox起動

メニューの「新規(N)」をクリック
1.仮想マシンの作成
 名前:centos32
 タイプ:Linux
 バージョン:Red Het(32bit)
2.メモリサイズ
3.ハードドライブ
4.ハードドライブのファイルタイプ
5.物理ハードドライブにあるストレージ
6.ファイルの場所とサイズ

centos32を選択状態にしてメニューの「設定(S)」をクリック
左の一覧から「ストレージ」をクリックして、ストレージツリーのコントローラ:IDEのCDマークの「空」をクリック
属性にCD/DVDドライブとなるので、CDアイコンをクリックし
ポップアップから、仮想CD/DVDディスクファイルの選択をクリック
ネットワークインストールの場合は以下を選択
CentOS-6.4-i386-netinstall.iso

すでに以下をダウンロード済みであれば、以下でもよい
CentOS-6.4-i386-bin-DVD1.iso
CentOS-6.4-i386-bin-DVD2.iso

ストレージツリーに選択したisoが表示されていればOKボタンで設定を終える

centos32を選択状態にして、「起動(T)」をクリックする


「Welcome to CentOS 6.4!」画面
「Install ot upgrade an existing system」を選択

「Welcome to CentOS for i386」画面
「Skip」をクリック

「Choose a Language」画面
「Japanese」をクリック

「Language Unavailable」画面
「OK」をクリック

「Keyboard Type」画面
「jp106」を選択して、「OK」をクリック

「Installation Method」画面
「URL」を選択して、「OK」をクリック

「Configure TCP/IP」画面
Enable IPv4 support ←*
 Dynamic IP configuration(DHCP) ←*

Enable IPv6 support ←*

「URL Setup」画面
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/CentOS/6.5/os/i386/
を入力して、「OK」をクリック


「Retrieving」画面
待つ

「CentOS」画面
「OK」をクリック

「Warning」画面
「Re-initialize all」をクリック

「Time Zone Selection」画面
「Asia/Tokyo」を選択して、「OK」をクリック

「Root Password」画面
「Password:」を入力
「Password(confirm):」を入力
「OK」をクリック

「Partitioning Type」画面
「Replace existing Linux system」を選択
「OK」をクリック

「Writing storage configuration to disk」画面
「Write changes to disk」をクリック

「Formatting」画面
待つ

「Installation Starting」画面
待つ

「Package Installation」画面
待つ

「Complete」画面
「Reboot」をクリック

※ディスクを抜かないと、またインストーラーが走る
一度仮想マシンを電源オフして
設定メニューのストレージから属性のところのCDアイコンをクリックして
「仮想ドライブからディスクを除去」をクリックして、
ストレージツリーのコントローラー:IDEが空になっていることを確認して、
「OK」をクリック
もう一度「起動(T)」をクリックする



X Window のインストール

  グループインストールの一覧を表示
# yum grouplist

# yum -y groupinstall "General Purpose Desktop"
# yum -y groupinstall "Desktop" "Desktop Platform" "X Winodws System" "Fonts" "Japanese Support"
# yum -y install firefox gedit gnome-system-monitor system-config-firewall

日本語化しておく。LANGの情報を追加しておく
# vi /etc/bashrc
export LANG=ja_JP.UTF-8

# reboot

# startx

スタートアップ時からGUIを有効にするには/etc/inittabで下記のとおりに書き換えて再起動!

id:3:initdefault: -> id:5:initdefault:


ネットワーク操作コマンド(tui)

yum -y install system-config-network-tui

nfsインストール

# yum -y install nfs-utils

ftpサーバインストール

# yum -y install vsftpd

csh,kshのインストール

yum -y install csh ksh

バックアップ・リストア

yum -y install dump

perl のインストール

# yum -y groupinstall "Development Tools"
# yum -y install pkgconfig glib2-devel gettext libxml2-devel pango-devel cairo-devel
# curl -kL http://install.perlbrew.pl | bash
# echo '-s "$HOME/perl5/perlbrew/etc/bashrc" && source "$HOME/perl5/perlbrew/etc/bashrc"' >> ~/.bash_profile
# source "$HOME/perl5/perlbrew/etc/bashrc"
# perlbrew available
 perl-5.19.3
 perl-5.18.1
 perl-5.16.3
 perl-5.14.4
 perl-5.12.5
 perl-5.10.1
 perl-5.8.9
 perl-5.6.2
 perl5.005_04
 perl5.004_05
 perl5.003_07

perl-5.19.3はエラーになるので以下をインストールする
# perlbrew install perl-5.18.1

# (cd /root/perl5/perlbrew/build/perl-5.18.1; make install)
# perlbrew --force install perl-5.18.1

# perlbrew switch perl-5.18.1
# perlbrew install-cpanm
# perl -v


perlライブラリのインストール

# yum -y install perl-ExtUtils-MakeMaker ←これ必要?
# yum -y install cpan2rpm
# cpan2rpm --mk-rpm-dirs=~/rpm
# vi /usr/bin/cpan2rpm

use Pod::Text;
↓
use Pod:Parser;

line 369

my $pod = Pod::Text->new();
↓
my $pod = Pod::Parser->new();

# cpan2rpm --install --no-sign Net::Telnet


マウス

VirtualBoxでマウス統合機能を使うには
ゲストOSに「VirtualBox Guest Addition」というソフトを
インストールしてやる必要があるらしい。

ゲストOSを起動した状態で、[デバイス]メニューから
「Guest Additionのインストール」を選ぶだけで入れられるので特に難しいことはないです。

必須のツールを入れておく
# yum install gcc kernel-devel kernel-headers dkms make bzip2

# mkdir /mnt/cdrom
# mount -r /dev/cdrom /mnt/cdrom
# cd /mnt/cdrom/

# yum -y update kernel
# reboot

# ./VBoxLinuxAdditions.run

2014/7/14