postgreSQLのSSL対応


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サーバの設定


サーバ証明書を作成httpdのSSL対応して、C:\Program Files\PostgreSQL\9.3\dataにコピーする
*.crt
*.key

「C:\Program Files\PostgreSQL\9.3\data\postgresql.conf」を編集
項目 変更後
ssl off on
ssl_ciphers コメント コメント外す
ssl_cert_file コメント ファイル名のみを記載
ssl_key_file コメント ファイル名のみを記載

postgreSQLを再起動する

コマンドプロンプトから接続確認(SSLの記述があればOK)

C:\Program Files\PostgreSQL\9.3\bin>psql -U ユーザ データベース
ユーザ xxxx のパスワード:
psql (9.3.4)
SSL 接続 (暗号化方式: DHE-RSA-AES256-SHA, ビット長: 256)
help でヘルプを表示します.

2014/7/22