替え歌集


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

うちの子たちで替え歌集です。

問題がある場合は削除いたします。

また、時代背景設定などもあるため、各章の概要または小ネタ集から飛んでくること推奨。(ネタバレ防止)

 

 


 

*最強鸞鳳計画

  • 原曲:最強○×計画
    • (すもももももも より)
    • (題名クリックでようつべにジャンプ)
  • 側近二人中心→主人全員
  • 和鸞、鳳凰、神鸞時代

 

おまもりしましょ

お慕い申しております
一生尽くしてゆきます
主人好みの側近へ
磨きをかけてゆきます ゆきます

全身全霊の 気をここにたぎらせて
槍が降ろうと お命お守りします

今宵こそは ほとばしる正義と
今日も明日もとめどなく
みなぎる力の神使い掛け合わせて
この地上で最強の主 御家の為に尽くしましょう
たったひとつのこの忠誠 み・か・ど!
あなた様へ捧げます

 

鳳は舞うように東へ
鸞は戀されて西へ
まみえぬ運命のとばりを
互いに超えてゆきます ゆきます

疾風迅雷の 奥義この力こめて
両の手通わせて 命がけの守護 しましょう

罪を正す強き御心に あなた様を感じます
二人の正義の罪の果て そう 罪の果て
この地上で最強の侍従 私 この身に変えてでも 侍従の証といたしましょう み・か・ど!
刻はやがて 動き出す

 

鸞翔鳳集 刻も運命
炎も雨も しなやかに
二人の忠義が実ります ああ 実ります
この地上で最強の主従 この世の歴史に残しましょう
たったひとつのこの忠心 み・か・ど!
あなた様へ捧げます

おまもり します

 


 

*RAINリグレット

  • 原曲:SAKURAリグレット
    • (タイトルクリックでようつべにジャンプ)
  • 癒晏←秀叡(+怜禎)
  • 和鸞時代~鳳凰時代にかけて

 

紫苑に色づく皇の丘 わけもなくずっと立ちつくしてる

過去にはとなりに貴女がいた あの夏をまだ終われないまま


初めての死のあとの ふたりは

ふるえたまま言葉さがした

ごまかすように 肩をよせたね 暁まで


帰る場所をなくして ただ 想い出をもてあます星霜(せいそう)

君がいないこの国 気がつけば 雨天色 all over

笑いかたをわすれて ただ くやしさを飲みこんだ真夜中

君がいたこの国じゃ 哀しみは舞い散る雨のようです

 

 

ふたりで生きてく毎日は 誰からもきっと裏切られない

確かなことなど何もない わかってる でも信じたいから


主が残してった覚悟(ねがい)に

とめどなく涙がこぼれた

今までずっと こんな感情 知らずにきた


さよならも言わないで ただ 虚空に消えてゆく雨の日

君が残したものは 浮き沈む この心 turn over

本当の哀しみに まだ 気づかずに過ごしてた雪の日

君亡きこの世界は 広すぎて 見慣れない世界(くに)のようです

 

あの頃のわたしは背中合わせながら

それが誠と思った 信じこんでいた

今ならば貴女をまっすぐ護れるはずなのに

 

 

帰る場所を亡くして ただ 後悔を抱きしめる 天の日

君がいないこの国 気がつけば 雨天色 all over

笑いかたをわすれて ただ さみしさを飲みこんだ 罪の日

君がいたこの国じゃ 哀しみは散り急く神雨のよう…

神の天(そら) 見あげてる私

哀しみをくぐり抜けて 今 歩きだす

 


 

*エンヴィボーイ

  • 原曲:ローリンガール
    • (タイトルクリックでようつべにジャンプ)
  • 唯晏(唯黯)→怜禎
  • 和鸞時代、最終章

 

エンヴィボーイはいつまでも 届かない夢見て

騒ぐ頭の中を掻き回して、掻き回して。


「問題ない。」と呟いて、理性は失われた?

もう失敗、もう失敗。

儚い戀に終われば、また、妬むの


もう一回、もう一回。

「僕は今日も嫉妬をします。」と、

少年は言う 少年は言う

言葉に意味を奏でながら!


「もう良いよ」

「まだですよ、まだまだ先は見えないので。戀を止めるの、今。」

 

 

エンヴィボーイの成れの果て 届かない、向こうの人

伸ばす両方の腕を落とされて、落とされて。


「構うな。」と呟いた言葉は失われた。

どうなったって良いんだって、さぁ

間違いだって起こしちゃおうと誘う、もう一人。


もう一回、もう一回。

僕をどうか好きになってと

少年は言う 少年は言う

暴力に意味を重ねながら!


「もう良いかい?」
「もう少し、もうすぐ何か見えるだろうと。生(いき)を止めるの、今。」


もう一回、もう一回。

「僕は今日も戀をします。」と、

少年は言う 少年は言う

涙に笑みを含めながら!


「もう良いです。もう良いよ。そろそろあなたも疲れたろう、ね。」


戀を止めるの、今。