帝怜禎(鳳凰時代)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

“正義を貫く禎しき乙女”

 

*基本情報

  • 名前:帝 怜禎(みかど れいてい)
    • 真名:帝怜禎神使
    • (みかどの[さときさいわいの/あわれさいわいの/あわれみでただしきなる]かみつかひ)
  • 職業:刻戀王国国王侍従長
  • 年齢:見た目23~4歳ぐらい
  • 性別:女
  • 身長体重:157.7cm/49.6kg
  • 誕生日:9月16日
  • 趣味:園芸、朝稽古
  • 特技:槍術
  • 好き:秀叡、主人、運動、平和な日々、小動物
  • 嫌い:不義、喧嘩、性格が悪い人

 

*外見

  • 色素の薄い茶髪。肩甲骨ほどまで伸びていて、ハーフアップにしている。
    • とあるきっかけにより第二節途中からショートヘアになる。
  • 灰色(銀色)の瞳。視力は和鸞時代よりも若干悪くなっている。
  • 黒とグレーのラインが入った白のチャイナワンピースを腰から大きく開いている。その下にワンピースより少し丈の短いスカート着用。
  • 丈の短い羽織を羽織っている。
  • うすい浅葱色の布を腰に巻いてリボンで結んでいる。

 

刻戀王国国王皇唯黯の侍従長。

優しく聡明で、誰よりも平和を望む心優しい少女。

しかし正義感が強く悪い事はハッキリと言う芯の通った淑女。

紅一点であろうがしっかりしています。

ただそのおかげで麗瑩と出会った当初は衝突が激しく、多かった。

勝手に王宮の中に弱ったうさぎを連れて来たり、花に話しかけているあたり、不思議な部分もある。

朝稽古は毎日の日課で、滝打ちから槍術体術まで行う。

ちなみに髪を切ったことにより母性と色気が増した。多分。

 

「帝怜禎です!これから、よろしくお願いしますね」

「まぁ!今の私の発言は間違ったことではありませんよ!」

「いいですか唯黯様、何かあっても自分で対処しようとしないでください。確かに神使は神の足元で這っているだけの存在ですが、それでも使ってください」