皇唯黯(現)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

“主を想いし現の神”

 

*基本情報

  • 名前:皇 唯黯(すめらぎ いあん)
    • 真名:現皇唯黯尊(うつつのこういあんのみこと)
  • 職業:現の神、復讐の神族
  • 年齢:永遠の18歳
  • 性別:男
  • 身長体重:173cm/59kg
  • 誕生日:不明
  • 趣味:怜禎のスカートめくり、風呂覗き、胸を揉む
  • 特技:運動神経抜群(自称)
  • 好き:運動、怜禎、珠黯、面白いもの、美味しいもの
  • 嫌い:面倒くさいこと、つまらないこと、珠黯の夫

 

*外見

  • 癖のある銀髪。右目を隠すように前髪を下ろしている。後ろ髪は鳳凰時代と同じぐらいの長さで、一つにまとめている。もふもふ。
  • 両方赤い瞳、右目は義眼。眼帯を付けている。
  • 袖がない前止めの黒いチャイナ服で、腰部分を布で巻いている
  • 左腰に青い羽根と赤い羽根の装飾を付けている
    • 鸞をイメージしたものと思われる
    • 赤い羽根は麗瑩が付けていたものと思われる
  • 九分丈の黒いパンツ
  • 肩や腕、足首に適当に包帯が巻かれているが、理由は不明

 

皇唯晏が作り出した人格(幻)が現実のものとして実体化したもの。

明るく楽天的な性格をしており、ウザいまでのポジティブ。

大雑把で口が悪くなることもしばしば。

しかし情に厚く、根はすごくいい。怜禎と共感できることが多い。

考えるよりも先に行動に移すタイプ。

 

*現の神

ミシェルから「そろそろ分離しないとヤバいかも」と言われ、幻から現実に

このケースは非常にまれであったため、めでたく現(うつつ)の神様になった。

ちなみに復讐の神族というのは、鳳凰之章第三節参照。

 

 

「めでたく現の神様になっちゃったよー!いっえーい!!☆」

「俺だったら珠黯のお婿さんにふさわしいと思うんだよなぁ……なんだったら怜と結婚してもいい、いっそ一夫多妻制……」

「何?俺がイケメン過ぎて見惚れちゃった??いやぁ照れまくっちゃうなぁ……」