アリス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

“無垢で可憐な忘却の妹”

 

*基本情報

  • 名前:アリス
    • 愛称:アリィ
    • 刻鸞での真名:皇光和之姫尊(すめらぎのありわのひめのみこと)
  • 職業:皇珠黯の娘、皇王朝三代目女王
  • 年齢:見た目8~9歳ぐらい
  • 性別:女
  • 身長体重:135cm/30kg
  • 誕生日:2月14日
  • 趣味:お外で遊ぶこと
  • 特技:かけっこ
  • 好き:お姉様、家族、かわいいもの、ロリータファッション、うさぎ、ぬいぐるみ
  • 嫌い:かわいくないもの、苦い食べ物、怖い人

 

*外見

  • 黒い長髪。前髪は内向きにくせがあり、サイドに小さい外はねのクセっ毛。
  • こちらから見て左が金色、右が碧眼のオッドアイで若干猫目。生まれつきであるが、特に視力に問題はない。
  • こちらから見て左の方に白いバラと紫色のリボンの髪飾りをしている。
  • 服は自前のゴスロリ、フリルがいっぱい。
  • 右手首には十字架のブレスレットを付けている。
  • リボンとフリルのついた白いハイソックスに黒いローファー。
  • たまに黒が基調の白いレースの入った日傘を持っていることがある。

 

皇珠黯の第二子。次女。

明るく活発で好奇心旺盛。大人しく聡明な姉のロベルタとは正反対の妹。

勉強をするよりも外で遊びたい育ち盛り。

一人称はアリィ、両親をそれぞれ呼び捨てにしており、言葉使いも少々生意気。終始うるさい印象。

よく悟ったりもする、現実的で大人な一面も。

姉のロベルタが大好き、生粋のシスコン。お姉様といつも呼んでいる。

あらゆる面で尊敬しており、いつも姉の後ろをくっついて歩いたり、真似をしたり、一緒の布団で寝たり、キスしたりする。

ゴスロリや可愛いものが大好きで、いつも好んでゴスロリを着ている。お部屋もピンク一面にぬいぐるみの山。片付いていない。

行動に少々乱暴なところがあり、赤ちゃんの時に猫の尻尾を掴んで振り回したり叩いたり、現在でも虫を一振りで殺すなど、女の子とは思えない父親の血を継いだ娘である。

勉強もできお淑やかな姉に比べ引け目を感じることがある。

また、貴顕の刻使いと呼ばれているが、その一切は不明である。

 

*大人になると

※あくまでパロディ

大人になるとお淑やかで高貴なお嬢様に。

一人称も私(もしくはアリス)、ですます口調で大人っぽくお嬢様っぽく。両親もお父様お母様呼び。

相変わらずのゴスロリ好き。ウサギも好き。

立ち振る舞いも丁寧になり、まさに王族にふさわしいお姫様。

ちなみに髪の長さは変わらず、胸は巨乳に。

一体子供から大人になるまでに何があったのか。

 

 

「アリィだよ!アリスの略で、アリィなんだ!」

「お勉強やだー!!アリィお外行くー!!行くのー!!!」

「お姉様、一緒にお本を読みましょう。あのね、アリィお姉様に読んでほしいの」