刻鸞神話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

*刻鸞神話とは

主に刻鸞、刻戀に伝わる神話のことで、

様々な神が存在するとされている。

神の子供を神子(かみこ)、神の使いを神使(しんし)、または神使いと呼んでいる。

刻鸞、刻戀の王である皇家と、美鳳聖王国の王であった暁麗瑩は神の血を引いていると言われている。

 

*神の定義