※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中継塔ヒュムノスフィア

中継塔ヒュムノスフィアは第三塔ハーヴェスターシャの中継施設として、第三塔と同時期に建設された。
塔そのものが巨大な実験施設であり、軍事用の補給地点として使用する計画もあった。
しかし大災害グラスノインフェリア、そして抗体爆発によって連絡が途絶えた後は壊滅したものと思われ、やがてその存在は忘れ去られていった。
命名の由来は、アル・シエルの神である珠洲ノ宮(すずのみや)のクラスタ名「ヒュムノスフィア」から。かのハーヴェスターシャ伝承に登場する「西の詩神」である。
なおソル・クラスタ側からすると東の方角にあるが、ソル・シエール側から見ると西側にあるのでこのような命名になっている。

なぜ中継施設が必要になったのか?

  • 第三塔ではできないような危険な実験をするため
こちらの理由は一部の技術者を覗いて伏せられていた。「人類進化計画」に関わるものであったらしいが、
実験を開始する前にグラスノインフェリアが起きてしまった。

  • 軍事用の補給地点。第三塔の有効範囲を広げるため
こちらもグラスノインフェリアによって活用されることはなかった。


なぜそれは中継衛星ではなく、塔でなければならないのか?

  • 衛星だけでは機能が足りない
前述したような施設を作るためには塔である必要があった。
ただし第三塔のように惑星との対話を目的としていないため、初めから地面に接しておらず浮遊する塔として設計された。

  • 大気圏内に作るため
大気圏外だとシェルターなどが必要になり、費用がかさむから。

主な施設など

  • 専用サーバー「ヒュムノスフィア」
  大蛇(おろち)雲の上、塔の上層部に存在する。
  サブオリジン・アナスタシアのバイナリ野が格納されているほか、彼女専用の詩魔法サーバーがある。

  • 詩神の褥
  塔の上層部に存在。アナスタシアの中核三角環が安置されている。

  • 追想の棺
  塔の上層部に存在。アナスタシアの替えのボディ(ホログラフィ)を生産する施設。
  ホログラフィ生産はオートメイション化されている。
  これはグラスノインフェリア前のロストテクノロジーである。

  • リンカーネイション
  塔の上層部に存在。
  かつてはソル・クラスタからやってきた技術者などをもてなすための迎賓館でもあった。
  現在稼働しているのは、塔のメンテナンスとサブオリジンの世代交代をする装置くらいである。

  • 大蛇雲
  塔の上層部に常に立ち込めている雲のこと。
  蛇がとぐろを巻いているように見えるため、このような名がついた。
  実際は気候コントロールにより人工的に発生させられたものである。
  理由はセキュリティのため。

  • 実験施設
  第一紀の遺物。現在は稼働していない。
  ロストテクノロジーの宝庫であり貴重な物が多く手に入るが、閉鎖区域には立ち入らない方がよい。

  • 温泉(仮称)
  β純血種生産施設。「温泉(仮称)」とはここに住むβたちがつけた名称である。
  由来は施設内の三極式共鳴培養槽が浴槽に見えることから。