アルトネリコの舞台は惑星「アル・シエル」。「エクサ・ピーコ」という宇宙にある。
過去の災厄のせいで、地表には降りられず、宇宙へも行けなくなった世界。人々は世界に立つ三本の塔の周りで暮らしている。
種族は人間、テル族、レーヴァテイルがいる。


レーヴァテイルとは?

体のどこかに「インストールポイント」という痣を持ち、詩魔法を謳うことができる。
性別は女性のみ。種類は大きく分けてオリジン、β純血種、第三世代の三つ。

オリジン

人工生命体。三体いて、それぞれが塔を管理している。寿命は無限。

β純血種

人工生命体。ざっくりいうと量産型。寿命は約150年。
γ昇華体というマイナーチェンジ版も存在するが、ここでは割愛。

第三世代

人間とレーヴァテイルの間に生まれた子孫。
3か月に一度延命剤を入れることで人間と同じくらい生きられる。


三つの塔と三つの地方

第一塔

「アルトネリコ」 管理者:エオリア
作品タイトルにもなっている巨大な塔。「ソル・シエール」地方にある。

第二塔

未完成。 管理者:フレリア
人工衛星「インフェル・ピラ」が近くに浮かんでいる。「メタ・ファルス」地方にある。

第三塔

「ハーヴェスターシャ」 管理者:ティリア
SF要素の強めな塔。「ソル・クラスタ」地方にある。

位置関係

「ソル・シエール」と「メタ・ファルス」は比較的近い。
「ソル・クラスタ」は二つの地方からかなり遠くにある。


塔とレーヴァテイルの関係

レーヴァテイルは塔の詩魔法サーバーと接続することでヒュムノスを扱い、詩を謳える。
そのため、レーヴァテイルを接続する詩魔法サーバーによって分類することも出来る。
接続は一生モノで、後から変更したり複数接続は基本的にはできない。

A.T.D.(Ar Tonelico Dependency)

詩魔法サーバーは第一塔「アルトネリコ」。
オリジン(エオリア、フレリア)
β純血種(第一塔出身)
第三世代(第一、第二塔出身)が該当

I.P.D.(Infel Phira Dependency)

詩魔法サーバーは第二塔の人工衛星「インフェル・ピラ」。
第三世代(第二塔出身)が該当

H.D.(Harvestasya Dependency)

詩魔法サーバーは第三塔「ハーヴェスターシャ」。
オリジン(ティリア)
β純血種(第三塔出身)
第三世代(第三塔出身)が該当

コラム

Q.どうして第二塔そのものに依存しているレーヴァテイルがいないの?
A.第二塔には詩魔法サーバーが無いから。
そのため、第二塔出身かつ人工衛星「インフェル・ピラ」に接続していないレーヴァテイルは、第一塔の詩魔法サーバーを中継して使っている。