トップページ

戦争についての私の記憶



鹿児島市と桜島を結ぶ現在(2005年)のフェリーボートです。戦時中、空襲にあって燃え広がる鹿児島市街を、桜島はどいう気持ちでみていたんでしょうか?私はそのころ、桜島に見守られながら、そして桜島を見上げながら育ちました。学生生活で、鹿児島を離れ、夏休みで4ヶ月ぶりに里帰りして桜島に向き合って感激し、身震いしたことはいまだに忘れられません。それから、60年の歳月がながれずっと桜島の現物にはご無沙汰していることが多くなりましたが、桜島は頭の中に刻み込まれており、いつでも目の前に姿を表わしてくれます。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る