※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

姦崎錆


■性別

■学年
2年

■所持武器
触手

■ステータス(攻撃/防御/体力/精神/FS(FS名...
攻撃:20 /防御:0 /体力:5 /精神:4 /FS(段位):1



鋭敏心電包囲網


発動率40+0=40% 成功率100%

ボーナス:0

効果:通常攻撃 35
範囲+対象:同マス敵一人 0.7
時間:一瞬 
消費制約:一度しか使えない 10
非消費制約1:カウンター  3.024
非消費制約2:時間差攻撃1(準備型)/2ターン 1

カウンター条件:敵に自分が殺されそうになる(先手) 0.6
カウンター対象:カウンター条件を満たした敵のみ 1.0
待受範囲:同マス 1.0
待受時間:3ターン 1.2
待受回数:2回 1.4
カウンタータイミング:先手 3

能力原理

第六感の触手を張り巡らせ、敵からの攻撃を敏感に察知。
長いリーチを活かし後の先を取り、バッチを奪取する。


キャラクター説明

姦崎錆(かんざき さびる)
触手一族・姦崎家の一員にして、女性同士の絡みを嗜好する『錆少年(せいしょうねん)』の触手。
女の子をくすぐることが好きな触手という種にあって、「女性は女性と愛を育むべき」と主張する触手の劣等生である。

高精度感知の魔人能力『鋭敏心電』で女性同士の友愛の気配を察知しては、それをひっそりと愛でる日々。
触手固有のしなやかさには少々欠けるが力強い腕前は若くして段位を授かる程だが、「俺には必要ない」とむしろ厭っている。
そんなある日、幼馴染の少女がミス・ダンゲロスの山乃端一人に想いを寄せていることを知り、彼女の告白権を勝ち取るためにハルマゲドンに参戦した。

「人ならざる異形の身体。密やかに咲く一輪の花も手折っちまうような力。……碌なもんじゃない。
 だが……そんな俺にも、大切なものはあるんだ」